新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

口内炎について

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の土居です。

今回のコラムは口内炎についてお話しします。

口内炎とは、口内の粘膜に生じる炎症や潰瘍のことを指します。
口内炎はできやすい人とできにくい人がいます。
口内炎ができる原因についてお話しします。

口内炎ができやすい人
①体調不良
体調が悪いときにアフタ性口内炎ができやすいとされています。
過度のストレスがかかったり、疲れがたまったりすると免疫力が低下します
。口は外気、食べ物、細菌やウイルスと接触する機会が多いため、免疫力が下がっていると炎症をおこしやすくなる。

②栄養不足
ビタミンB2が不足すると口内炎ができやすくなるということがわかっています。
ビタミンB2には皮膚や粘膜を健康に保つ役割があります。
他にも、免疫機能や粘膜の正常化にかかわるビタミンB6やコラーゲンを合成するビタミンCなどが欠乏しても
口内炎になりやすいと言われています。

③食生活の乱れ
先ほどあげた栄養不足だけでなく、甘いものやアルコールのとりすぎも口内炎の原因となります。
また、辛いものなどの刺激物は粘膜を傷つけるため、口内炎が発生しやすくなります。

④外的な刺激
口腔内を傷つけてしまうとそこから細菌やウイルスが侵入して炎症をおこし口内炎ができます。
頬の内側を噛む、強くブラッシングしすぎるなどが原因と考えられます。
また、歯並びが悪いと歯が口腔内の粘膜を常に傷つけている状態になるので、口内炎ができやすくなります。

⑤お口の中が不衛生
歯磨きを怠ったり、口の中が乾燥していたり(ドライマウス)すると、口の中の常在菌が繁殖し、口内炎の原因となります。

この5つが挙げられます。
また分からないことや気になることがあれば
気軽に質問してください。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報