新型コロナウィルスの予防対策について
インプラント治療

ガイデッドサージェリー

新しい治療技術
ガイデッドサージェリー

歯茎を切らずに、安全・正確な手術ができる

インプラント

当院では、体への負担を最小限にしつつも、安全で正確なインプラント手術を行うことができる新しい治療技術、「ガイデッドサージェリー」を取り入れています。
具体的には、CT撮影やコンピュータ技術を使用することにより、精度の高い手術を正確に行えるようにできるため、手術時間を短く、またお口へのダメージを少なくすることができます。また、これによって、痛みや腫れ、出血といった不快症状を最小限に抑えることが可能になります。

ガイデッドサージェリーとは

あごの骨のCT撮影を行い、その撮影データをもとに、コンピュータ上にてインプラント手術を理想的に行うシミュレーションを行います。そしてそのシミュレーションどおりに正確に手術を行えるようにしたシステム、それがガイデッドサージェリーです。

安全で正確な位置にインプラントを確実に埋め込むことができるので、従来のインプラント手術には欠かせなかった、「歯茎を切る」、「剥ぐ」などのような余計な負担をかけずに手術を行うことができるのが大きな特徴です。

ガイデッドサージェリーによるインプラント治療の特徴

インプラントを正確な位置に埋入できる

撮影したCT画像をもとに、患者さんのあごの骨の模型を作り、「ガイド」と呼ばれるマウスピースのようなものを作製し、そのガイドに沿って手術を行うだけで、理想の位置にインプラントを埋め込むことが可能になります。作製されるガイドは誤差0.数ミリという精度の高さです。この精度の高さゆえ、「フラップレス」の手術が可能になります。

切らない、痛くない、腫れが少ない
フラップレス

通常のインプラント手術では、インプラントを骨に埋め込むために骨を露出させなければならないので、歯肉を切開し、剥離をして、その弁(フラップ)を開く必要があります。ですが、ガイデッドサージェリーの場合、歯茎を切ったり開いたりすることのない、「フラップレス」な手術ができるのが特徴です。

フラップレスの手術の技術では、ガイドに沿って行うだけで確実に正しい位置にインプラントを埋め込むことができるので、歯茎を剥ぐことなく、歯肉や骨に直接小さな穴を開けるだけでインプラントを埋めることができます。そのため、口腔内のダメージが最小限で済み、痛みや腫れ、出血を最小限に抑えることができます。

手術時間が短くでき、負担が少ない

ガイデッドサージェリーは、手術時に正確に作製されたガイドを患者様のお口に装着し、歯茎を切開することなく、そのガイドに沿ってインプラントを埋入するという手術法です。そのため、歯茎を切る、剥離する、というような手間がかからない分、また術者もインプラントを埋め込む位置を迷うことなく手術が行える分、手術時間を短くすることができ、患者様へのお体への負担を少なくすることができます。

インプラントの本数が多い場合に有効

インプラント手術は、少数本だとそれほど時間がかかりませんが、本数が増えるにつれ、歯茎を切って開く位置も増えますので、時間やお体への負担が大きくなっていきます。しかし、この「ガイデッドサージェリー」を利用することで、歯茎を広い範囲で切り開くダメージをなくし、治療時間の大幅な短縮が可能になりますので、特にインプラントの埋め込み本数が多い場合には、かなりメリットの大きい手法であると言えます。

当日に仮歯を入れることも可能

ガイデッドサージェリーでは、正確な位置にインプラントを埋め込むことができるので、事前に仮歯を作っておくことが可能です。そのため、手術した後、その日のうちにすぐ仮歯をつけることも可能です。

当院のインプラント治療
  1. インプラント治療の流れ
  2. 静脈内鎮静法
  3. 失敗しないための医院選び
  4. ガイデッドサージェリー
  5. ストローマンインプラント
  6. オールオン4
  7. インプラントQ&A
料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報