インプラント治療

オールオンフォー All-on-4

インプラント
インプラント

総入れ歯の方や、ほとんどの歯を失った方へ、負担の少ないインプラント

すでに総入れ歯を入れている方や、ほとんどの歯を失った方にとって、インプラント治療で全て治すというのは、インプラントの本数を考えると、手術や費用の面においてもあまり現実に考えられないことかもしれません。

また、総入れ歯を長く使用していてあごの骨が痩せてしまい、インプラント手術ができないと言われ、あきらめている方もいるかもしれません。

でも、オールオンフォーという治療法なら、骨が少ない場所にでも施術が可能で、しかも少ない本数のインプラントで全体的に見た目や噛む機能の回復をすることができます。

■ オールオンフォーはこんな方にオススメ
・総入れ歯が合わずに悩んでいる方
・歯がボロボロであまり噛めない方
・あごの骨が痩せて、インプラントを断られたことのある方

オールオンフォーとは

総入れ歯をお使いの方や、多くの歯を無くしてしまわれた方のためのインプラント治療法

インプラント

オールオンフォーは、総入れ歯をお使いの方や、多くの歯を無くしてしまわれた方、インプラントを埋めるには骨が足りないと診断された方のための、新しいインプラント治療法です。

従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、片側のあごの骨につき、8〜14本ものインプラントを埋め込む必要がありました。しかも、全て歯を失った方の場合、あごの骨が痩せてしまっていて、骨の移植をしなければならないことも多く、手術の時間が長くなり、お体の負担が大きかったり、莫大な費用がかかったり、というような問題がありました。

オールオンフォーは、通常より長いインプラントを骨のある部分へ傾斜をつけて埋め込み、力を広く均等に配分させます。これにより、片顎最少本数4本という少ない本数のインプラントで全ての人工歯を支えることができるようになり、従来のインプラントの不安要素を解消することが可能になります。

つまり、手術や費用の負担を必要最低限に押さえた新しいインプラント治療法、それがオールオンフォーなのです。

オールオンフォーのメリット・特徴

手術をした日に固定式の歯を入れられる
オールオンフォーでは、基本的にインプラントを埋めたその日に固定式の仮歯を装着します。オールオンフォーでは、骨がしっかりと残っている部分を選んで長いインプラントを埋め込みます。それゆえ、埋め込んだ直後でもしっかりとした安定が得られるので仮歯を入れても問題が起こらないのです。
体の負担・経済的負担が少ない
埋め込むインプラントの本数が4〜6本と、少ない本数で済むため、お身体への負担、経済的な負担を軽くすることができます。
骨を増やす手術が基本的に不要
オールオン4では、骨の多い場所を選んで埋め込むことができますので、基本的には骨を増やす手術というのは必要ありません。そのため、そういった面でもお身体への負担、経済的な負担というのが楽になりますし、骨ができるのを待つ必要もないので、治療期間短縮にもつながります。
固定式なのでしっかり噛める
オールオンフォーは、埋め込んだインプラントに人工歯をしっかりと固定しますので、硬いものでもしっかりと噛むことができます。また、噛んだ刺激は直接骨に伝わりますので、噛みごたえも抜群です。
見た目が自然で審美的
人工歯は全てが繋がったタイプのものですので、全体的にバランスの整った美しい歯並びで作ることができます。また、人工的な歯茎の部分も付いていますので、歯を失ってなくなってしまった唇や頬のハリを内側から取り戻すことができ、見た目が若々しくなります。
お手入れが楽
インプラントの本数が少ないので、ご自宅でケアをする際にも簡単にお掃除することができます。

オールオンフォーのデメリット・注意点

治療を受けられる歯科医院が限られる
オールオンフォーは、特殊な技術や設備を必要とするインプラント治療であるため、どこの歯科医院でも受けられる治療ではありません。
お体の状態によってはできないこともある
オールオンフォーは、骨が少なくても可能な治療ではありますが、極端に骨の状態が良くないケースや、お体の健康状態が良くない場合には、施術不可能な場合もあります。もしそのような場合には、患者様にとってなるべくベストな方法をご提案いたします。
当院のインプラント治療
  1. インプラント治療の流れ
  2. 静脈内鎮静法
  3. 失敗しないための医院選び
  4. ガイデッドサージェリー
  5. ストローマンインプラント
  6. オールオン4
  7. インプラントQ&A
料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報