新型コロナウィルスの予防対策について
自費診療表

自費診療表

インプラント

※価格は税別です
インプラント1本
(かぶせ物含む)
※メーカーによって異なります
27万円〜30万円
骨造成
(GBR・サイナスリフト・ソケットリフト)
5~25万円

患者様の症状によっては金額が変動する場合がございます。詳しくは当医院にてお尋ねください。
お支払いについて・・・各種クレジットカード、ローンでのお支払いも可能です。お気軽にご相談下さい。

詰め物(インレー)

※価格は税別です
オールセラミックインレー ¥44,000
ゴールドインレー ¥38,500

前歯のかぶせ物(クラウン)

※価格は税別です
オールセラミッククラウン ¥110,000
ジルコニアクラウン ¥110,000
ラミネートベニア ¥88,000

奥歯のかぶせ物(クラウン)

※価格は税別です
オールセラミッククラウン ¥110,000
ジルコニア(ノンステイン) ¥77,000
ジルコニア(ステイン) ¥110,000
ゴールドクラウン ¥77,000

医療費控除

『医療費控除』で、インプラント治療費の一部が戻ってきます!

医療費控除とは

以下に当てはまる場合、医療費控除の対象となります。
(1)納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2)その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。
(3)10万円以上の医療費である事。

インプラント治療でかかった費用は医療費控除の対象となります。
インプラント治療はこれからの生涯を共にする、一生ものの歯を入れる治療であり、その故、決して安い治療とは言えません。ですが、安物のインプラントを埋入して途中で抜けてしまうよりも、しっかりしたインプラントを入れて下さい。そしてその負担費用軽減のためにも、ぜひこの医療費控除をご活用ください。

医療費控除は、一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合、医療費が税金の還付・軽減の対象となる制度です。 これは本人の医療費のほか、家計が同じであれば配偶者や親族の医療費を合算する事ができます。 ですから妻が扶養家族でなくても、夫の医療費と合算できるのです。
インプラントは健康保険の対象外ですが、医療費控除の申請を行なうことで、 結果的には国からの補助を受ける形で治療を行う事ができるのです。

医療費控除額

医療費控除額

所得税の還付金額

所得税の還付金額

※課税対象となる所得が
330万円未満の場合・・・・・・・・・・・10%
330万円以上900万円未満の場合・・・・・20%
900万円以上1,800万円未満の場合 ・・・・30%
1,800万円以上の場合・・・・・・ ・・・・37%
1,800万円以上の場合 37%医療費控除の手続きに必要なもの確定申告書
・医療費の明細書
・医療費の支出を証明する書類(領収書など)
・源泉徴収票(給与所得のある方)
・保険給付金の控え
・認印
・通帳(還付金を受け取る本人名義の口座番号)

もっと詳しく知りたい患者さんは国税庁のホームページをご覧になることお勧めします。
●国税庁ホームページ  https://www.nta.go.jp/

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報