大阪でインプラントなら増田歯科医院(守口本院・京橋院・門真院)

増田歯科医院 守口本院

守口本院

06-6916-1118
satake 守口梶町店すぐ
増田歯科医院 京橋院

京橋院

06-6882-1118
京阪「京橋」駅 徒歩1分
増田歯科医院 門真院

門真院

06-6901-1118
京阪「門真市」駅 直結
矯正歯科

矯正歯科

当院の矯正治療の特徴

子供と大人の歯の写真

お子様から大人の方まで
幅広く行なっています

お子様から成人の方まで幅広い年齢層の矯正治療を行なっております。
歯並びの悪さというのは、とかく見た目の悪さだけに焦点が当てられがちですが、実は体の健康と深く関係していることはあまり知られていません。

矯正治療は何歳からでもできますし、最近は矯正中であることを人に知られず、快適に行える矯正治療が充実しています。大人になってからの矯正が「遅すぎる」ということはありません。

治療風景

噛み合わせや
お口の健康状態もチェックします

噛み合わせのチェックはもちろん、矯正中もお口の状態を確認させていただき、虫歯や口内炎などのトラブルが起こっていないか確認いたします。
歯並びが整うとセルフケアもしやすくなりますので、ブラッシングのコツなどもお伝えし、矯正後も患者様が美しい歯並びと健康な口内環境を維持していくためのサポートを行います。

カウンセリングの風景

数多くの矯正方法
取り扱っています

目立た
ない
痛みが
少ない
部分
矯正

患者様のご要望に広く対応できるよう、数多くの矯正方法を取り扱っています。
「目立たない矯正」「痛みの少ない矯正」「部分的な矯正」など、きっとご自分にあった矯正方法が見つかると思います。カウンセリング時には、ご要望をじっくりお聞かせいただき、歯の状態を確認した上で患者様に合った治療法を提案させていただきます。

大人の矯正治療

マウスピース矯正の画像

マウスピース矯正

取り外し可能な薄くて無色透明なマウスピースを装着するだけで歯並びを整えていける矯正方法です。
装着していてもほとんど周囲に気づかれることはありません。

唇側矯正(表側矯正)の画像

唇側矯正(表側矯正)

歯の表面(唇側)に装置を取り付ける歯列矯正で、もっとも広く行われている一般的な方法です。
ブラケットと呼ばれる金属の矯正器具にワイヤーを通し、それを歯の表面に取り付けます。

現在では金属製のものだけでなく白や透明のセラミック製のものもあり、以前と比べても目立たなくなりました。
また、ワイヤーの形状も改善され、痛みを抑えた治療が可能になっています。

舌側矯正(裏側矯正)の画像

舌側矯正(裏側矯正)

ブラケット装置を歯の裏側に装着する矯正方法です。
矯正装置が見えないため、他人に気づかれずに、歯を動かすことができます。

デメリットとしては、唇側矯正(表側矯正)に比べて、対応できる症例に限りがあります。
また、舌とブラケットの距離が近いため違和感を覚えたり、食事のときに邪魔になることがあります。

親と子供の画像

こどもの矯正治療

永久歯が生え揃う前、又は生え揃った直後に行う歯列矯正を「小児矯正」といいます。一般的なワイヤーを使った成人矯正とは違い、簡単な装置、取り外しのできる装置を使ってあごの成長をサポートしながら理想的な歯並びを作り上げることができます。

大人になってからも矯正治療はできますが、子どもの方が骨がやわらかく、歯がスムーズに動くことは確かです。成長の盛んな子どもの時期に矯正を行うことは、成人矯正では得られないような多くのメリットがあります。

歯並びの乱れを
放っておくと起こるリスク

歯並びの悪さを放っておくと、見た目が悪くなるだけでなく、
虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、体の不調につながったりすることも少なくありません。
歯並びの乱れを放置した場合に起こるリスクには次のようなものがあります。

悩みを抱えている女性のイラスト

虫歯・歯周病に
かかりやすい

歯並びが悪いところに食べカスや歯垢が溜まりやすく、歯磨きもしにくいので、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

汚れが取りきれず
口臭の原因になる

汚れが取りきれないので口臭が発生しやすくなります。また、口がしっかり閉じられない歯並びの場合、口腔内が乾燥しやすく、やはり口臭の原因になります。

しっかり噛めず
胃腸に負担がかかる

前歯が噛み合わない歯並びを開口(オープンバイト)と呼びますが、しっかりと噛めないので、まる飲み状態になりやすく、胃腸に負担がかかります。

滑舌が悪く
発音に影響する

舌や唇の動きに影響が出てしまったり、歯列から空気が漏れて「サ行」や「タ行」が発音しにくいなどの問題に繋がる可能性があります。

コンプレックスを
抱えてしまう

自分の見た目にコンプレックスを抱えてしまい、笑うときに口元を隠す癖がついたりなど、歯並びの悪さは精神面にも影響を及ぼします。

体の不調が
起こりやすい

噛む筋肉のアンバランスが起こりやすく、それが他の筋肉の不調和に繋がり、頭痛・肩こり・腰痛などの不調に繋がる恐れがあります。

スポーツで力が
発揮できない

噛みしめる力が弱かったり、左右の筋力の不均等が起こってしまい、スポーツで思うように力が発揮できないことがあります。

歯並びが気になっている方、
まずはご相談ください
矯正治療は美しい歯並びだけでなく、
健康をつくるための治療です。

実際に、不正咬合を矯正治療で治すことで、見た目の印象がよくなるだけでなく、体の不調までもが改善されることはよくあります。
当院では、上でご紹介したような様々な矯正方法をはじめ、他にも部分的な矯正や歯に負担をかけない矯正なども行なっていますので、きっとお悩みを解決できる方法が見つかると思います。
まずはお気軽にご相談ください。

実際に、不正咬合を矯正治療で治すことで、見た目の印象がよくなるだけでなく、体の不調までもが改善されることはよくあります。
当院では、上でご紹介したような様々な矯正方法をはじめ、他にも部分的な矯正や歯に負担をかけない矯正なども行なっていますので、きっとお悩みを解決できる方法が見つかると思います。
まずはお気軽にご相談ください。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)について

未承認医薬品等の使用

当院で使用していますマウスピース型カスタムメイド矯正装置インビザライン®は、日本の薬機法上の医療機器および、歯科技工士法上の矯正装置として承認されておりません。
そのため、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)を使った矯正治療を受けた場合、薬機法上の対象外であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象とならない場合があります。

国内の類似した承認医薬品等の有無

マウスピース型カスタムメイド矯正装置のメーカーは国内外に存在します。マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)を使用せず、日本国で承認を得ている矯正装置を用いた方法も存在します。

入手経路

当院が使用するインビザライン®は米国アライン・テクノロジー社の製品です。当院は米国アライン・テクノロジー社のグループ会社「アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社」より入手しています。

諸外国における安全性等にかかる情報

マウスピース型カスタムメイド矯正装置インビザライン®は、1998年にFDA(米国食品薬品局)の承認を得ており、これまでに治療を受けた患者様は、世界100ヶ国以上900万人(2020年10月時点)を超えますが、重大な副作用の報告はありません。

ページトップへ戻る
電話で予約電話で予約 初診WEB予約初診WEB予約