新型コロナウィルスの予防対策について
審美的歯科治療

当院の審美的歯科治療

より自然な美しさを、より体に優しい治療を

より自然な美しさを、より体に優しい治療を

一般的な保険治療の「銀歯」は、現在も詰め物・かぶせ物として頻繁に使用されています。ですが、銀歯は見える位置にあると、「思いっきり笑えない」、「見た目が気になって人前で口を開けられない」、などの見た目のコンプレックスを抱える原因になってしまうことも。
でも、治療に使用できる材料は銀歯だけではありません。近年ではセラミック(陶材)を中心とした、様々な優れた材料や技術が次々に開発されており、一昔前だと不可能だったあらゆるケースに対しても、まるで天然歯のような見た目を再現することができるようになっています。
しかもセラミックを使用することで、より体に優しい治療を実現することができます。皆さんも、ぜひセラミックで口元をより美しく、より健康的にしてみませんか?

セラミックの良いところ

審美歯科というと、単に見せかけの美しさを求めるものだと考えられがちです。ですが実際のところ、審美歯科には健康の上でも大きなメリットがあります。
審美歯科ではセラミックを中心とした、体に優しい「生体親和性の高い」材料を使用します。一方、保険治療は国が認めている治療なので、体に影響のない材料を使っていると思われがちです。でも実は、見た目に問題を起こすだけでなく、金属アレルギーを代表する、健康上でのデメリットなどがあるのも事実です。
セラミックは、見た目や材質の安全性、耐久性などあらゆる点において、現在のところ最も優れた材料であると言えるでしょう。

セラミックの優れている点

  • Point 1 見た目が自然できれい

    セラミックは天然歯のような透明感を再現することができ、細かい色の調整も可能なので、周囲の歯に合わせた自然な見た目にすることができます。

  • Point 2 変色しにくい

    セラミックには傷がつきにくいため、食べ物の色素がつきにくく、材質的にも変色しないため、いつまでも美しい見た目を保つことができます。

  • Point 3 金属のデメリットがない

    金属を使用しないため、金属アレルギーのリスクがありません。また、金属の場合には金属イオンにより歯茎や歯が黒く着色してしまうことがありますが、そのような心配もありません。

  • Point 4 体に優しい

    材質的に安定しており、劣化することがありませんので、虫歯が再発しにくく、長く歯を健康に保ってくれます。また、傷がつきにくいため、プラークが溜まりにくく、歯茎を健康的に保ちやすくなります。唾液に溶け出すこともありませんので、体への影響もありません。

当院のセラミック治療

セラミックの詰め物

セラミックの詰め物 イメージ

セラミックインレー

セラミックインレーは、天然の歯とぴったり合った色合いに作ることができるので、まるで詰め物が入っていないような見た目を実現できます。

メリット
● 適合が良いので、虫歯になりにくい
● 見た目が自然できわめて審美的
● 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
● 治療費が保険に比べて高い
● セラミックの強度をカバーするために、歯を若干多めに削る必要がある

セラミックの被せ物

オールセラミッククラウン イメージ

セラミックインレー

金属を一切使わず、セラミックのみでできた被せ物です。最も天然歯に近い見た目を再現できる被せ物です。

メリット
● 適合が良いので、虫歯になりにくい
● 見た目が自然できわめて審美的
● 変色しない
● 金属アレルギーのリスクがない
● 歯茎や歯を黒変させない
● ちょっとした歯並びの不正を審美的に整えることができる
デメリット
● 治療費が保険に比べて高い
● 強度を持たせるために、歯を若干多めに削る必要がある
● かみ合わせの力が強くかかる部分には適用できないこともある

ジルコニアクラウン イメージ

ジルコニアクラウン

ジルコニアは「白い金属」と呼ばれるほどの強度を持った新しいタイプのセラミックです。審美的で強度に優れているのが特徴です。

メリット
● 強度に優れるので、ブリッジや噛み合わせの力が強くかかる部分にも使える
● セラミックなので、天然歯に近い自然な見た目を再現できる
● 変色しない
● 金属アレルギーを起こさない
● 歯や歯茎を黒変させない
デメリット
● 治療費が保険や他のセラミックに比べて高い
● 歯を削る量が若干多めになる

歯の着色や見た目の改善

ラミネートベニア イメージ

ラミネートベニア

歯の表面をごく薄く削り、その部分に合わせて作った薄いセラミックを、まるで付け爪をするような感じで表面に貼り付け、見た目をきれいにする治療法です。
例えば、歯の変色の悩みやすきっ歯の悩みを、なるべく歯を削らず、手軽に解決できます。削るのは歯の頑丈な層であるエナメル質の範囲内ですので、歯を弱くすることはありません。

メリット
● ホワイトニングでも解決できない変色を解決できる
● すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる
● 年数が経っても変色しない
● 歯を削る量が最小限
デメリット
● 保険がきかない
● 歯の表面を少し削る必要がある
料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報