大阪でインプラントなら増田歯科医院(守口本院・京橋院・門真院)

増田歯科医院 守口本院

守口本院

06-6916-1118
satake 守口梶町店すぐ
増田歯科医院 京橋院

京橋院

06-6882-1118
京阪「京橋」駅 徒歩1分
増田歯科医院 門真院

門真院

06-6901-1118
京阪「門真市」駅 直結
矯正歯科

成人矯正

マウスピースによる矯正治療とは?

透明で目立たないマウスピース矯正インビザライン

透明で目立たない
マウスピース矯正インビザライン®

マウスピース矯正とは、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(アライナー)を装着し、少しずつ歯を移動させる矯正治療の方法です。従来のブラケット矯正とは違い、歯磨きや食事時には矯正装置を取り外すことができます。

マウスピース矯正の中で、世界で抜群の知名度を誇る矯正システムがアメリカのアライン・テクノロジー社が提供する「インビザライン®」です。当院でもインビザライン®システムを取り入れ、多くの方に喜びの声をたくさんいただいています。

3D口腔内スキャナiTero(アイテロ)
による精密性の高い治療

3D口腔内スキャナiTero

インビザライン®システムは、
デジタル技術を駆使した
矯正システムです。

当院では、お口の中を機械でスキャンするだけで精密な歯型が取れる3D口腔内スキャナiTero(アイテロ)を導入しています。
iTeroは、お口にシリコンなどの材料を入れなくても、精密で正確な歯型が採取できます。

女性① 時計
女性① 時計

従来のような苦しい思い、アナログの作業に起こりがちなミスやトラブル、時間的ロスといったものを解消でき、スムーズに矯正治療を進めていけます。

口腔内3DスキャナiTeroの特徴

診察中の画像 診察中の画像

嘔吐反射の心配がない
歯型採取

iTeroの歯型採取は、安全で体に害のない光を歯に照射するだけで、スピーディーに行えます。味や臭いに悩まされる心配がなく、歯型採取の負担を軽減できます。

マウスピースの画像 マウスピースの画像

精度の高い
マウスピースを作製

1秒間に約6000枚の画像を撮影できるため、精密・正確な歯型採取が可能です。お口にしっかりフィットするマウスピースを作製でき、矯正治療の精度も向上します。

診察中②の画像 診察中②の画像

矯正後の歯並び予測が可能

専用のシミュレーションソフトを使用すれば、治療開始前にコンピュータ上で実際に歯の動いていく様子や、治療の最終イメージを確認できます。

診察中③の画像 診察中③の画像

治療開始までがスムーズ

スキャンで得られた歯型データは瞬時にコンピュータへ転送されます。マウスピース作製を依頼する際もデータを送信するだけで良いので、治療開始までがスムーズです。

口腔内3DスキャナiTeroの特徴

診察①の画像

嘔吐反射の心配がない歯型採取

iTeroの歯型採取は、安全で体に害のない光を歯に照射するだけで、スピーディーに行えます。味や臭いに悩まされる心配がなく、歯型採取の負担を軽減できます。

マウスピースの画像

精度の高いマウスピースを作製

1秒間に約6000枚の画像を撮影できるため、精密・正確な歯型採取が可能です。お口にしっかりフィットするマウスピースを作製でき、矯正治療の精度も向上します。

診察中②の画像

矯正後の歯並び予測が可能

専用のシミュレーションソフトを使用すれば、治療開始前にコンピュータ上で実際に歯の動いていく様子や、治療の最終イメージを確認できます。

診察中③の画像

治療開始までがスムーズ

スキャンで得られた歯型データは瞬時にコンピュータへ転送されます。マウスピース作製を依頼する際もデータを送信するだけで良いので、治療開始までがスムーズです。

マウスピース矯正のメリット

メリット①周囲に気づかれにくい

営業や販売の方も安心!
目立たないから笑顔で過ごせます

案内をしている女性

インビザライン®で使用する矯正装置(アライナー)は、薄くて透明な医療用プラスチックでできたマウスピースです。無色透明ですので、装着していてもほとんど他人に気づかれません。

滑舌を心配される方もいらっしゃいますが、マウスピース矯正をしながら、営業や販売など人と話すお仕事をされている方は少なくありません。

案内をしている女性

メリット②痛み・違和感が少ない

少しずつ歯を移動させるから痛みがすくない

歯を見ている女性

マウスピースは約2週間で交換します。少しずつ歯を移動させるため、強い痛みが起こりにくいのが特徴です。交換したばかりの頃は多少の違和感を覚えることもありますが、多くは数日で慣れていきます。

歯を見ている女性

メリット③食事や歯磨きはこれまで通り

マウスピース矯正なら、これまで通りの生活をしながら治療ができる

歯磨きをしている女性

マウスピースは、食事や歯磨きの際には外していただけます。従来のブラケット矯正と違い、装置の間に食べ物がたまったり、磨き残しが出ることがありません。そのため、矯正中も虫歯や歯周病のリスクが高くなることはありません。

歯磨きをしている女性

メリット④装置によるトラブルが
起きにくい

金属アレルギーのリスクなし
口の中を傷つけず快適な付け心地

マウスピースをしている人

マウスピース矯正は金属を使用していないため、金属アレルギーのリスクがありません。ブラケットの脱落もなく、矯正装置が口内の粘膜を刺激して口内炎ができるといったトラブルとも無縁です。

マウスピースをしている人

メリット⑤通院頻度が少なく、
医院でのチェアータイムも短い

通院頻度は1~3か月に1回

カレンダーの画像

治療内容によって異なりますが、マウスピース矯正の通院頻度は1~3カ月に1度が目安です。お仕事などでお忙しい方にも無理のないペースでご受診いただけます。

来院時には、計画通り歯が動いているかのチェックを行い、新しいマウスピースをお渡しします。矯正装置の調整などで時間がかかることもないため、医院でのチェアータイムが短く済みます。

カレンダーの画像

マウスピース矯正のデメリット

診察室の画像

デメリット①適応できない歯並びもある

マウスピース矯正インビザライン®は、年々改良を重ねており、以前よりも適応症例は多くなりましたが、ブラケット矯正と比べると、できる症例が限られます。

インビザライン®で治療が可能かどうかは、事前にしっかりと検査を行うことでわかります。もしインビザライン®での治療が難しい場合には、他の目立たない矯正方法などもご提案させていただきます。

食事とマウスピースの画像

デメリット②自己管理が必要

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(アライナー)は、1日20時間以上の装着が必要です。食事や歯磨きのときは取り外していただいて構いませんが、それ以外の時間は装着していただかなくてはシミュレーション通り歯が移動しません。
取り外し式の装置というのは快適で便利ではありますが、ご自身での管理が難しい場合や、装着時間が十分に取れない場合にはおすすめできません。

マウスピース矯正と
ブラケット矯正の違い

マウスピース矯正
マウスピース矯正の画像
ブラケット矯正(表側)
ブラケット矯正の画像
目立ちやすさ ほとんど気づかれない 目立つ
取り外し
できるか
自分で外せる 外せない
違和感
痛み
少ない 緑の三角強い痛みが出ることもある
虫歯・歯周病
のリスク
歯磨きはいつも通りでOK 緑の三角磨き残しに注意が必要
食事の
しやすさ
食事時は取り外すので
いつも通り
緑の三角食べにくさを感じることもある
金属
アレルギー
リスクがない(樹脂製) 緑の三角リスクがある
治療期間
の予測
予測しやすい 緑の三角予測しにくい
最終的な
イメージ
治療前にわかる 緑の三角治療前にはわからない
適応症例 緑の三角対応できない症例もある ほぼどんな症例にも対応
自己管理 自分で着脱が必要 放置しても歯が動く

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)について

未承認医薬品等の使用

当院で使用していますマウスピース型カスタムメイド矯正装置インビザライン®は、日本の薬機法上の医療機器および、歯科技工士法上の矯正装置として承認されておりません。
そのため、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)を使った矯正治療を受けた場合、薬機法上の対象外であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象とならない場合があります。

国内の類似した承認医薬品等の有無

マウスピース型カスタムメイド矯正装置のメーカーは国内外に存在します。マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)を使用せず、日本国で承認を得ている矯正装置を用いた方法も存在します。

入手経路

当院が使用するインビザライン®は米国アライン・テクノロジー社の製品です。当院は米国アライン・テクノロジー社のグループ会社「アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社」より入手しています。

諸外国における安全性等にかかる情報

マウスピース型カスタムメイド矯正装置インビザライン®は、1998年にFDA(米国食品薬品局)の承認を得ており、これまでに治療を受けた患者様は、世界100ヶ国以上900万人(2020年10月時点)を超えますが、重大な副作用の報告はありません。

ページトップへ戻る
電話で予約電話で予約 初診WEB予約初診WEB予約