新型コロナウィルスの予防対策について
一般歯科

虫歯治療

痛みの少ない、歯を大切に残す治療を実践しています

痛みの少ない、歯を大切に残す治療を実践しています

虫歯の治療というと、痛いイメージをお持ちの方が多いと思います。でも、虫歯治療が痛いというのはもう一昔前の話です。最近では、さまざまな工夫や医療技術の進歩により、虫歯の治療は痛みを感じることなくできるケースがほとんどです。
また、過去に歯をたくさん削られた、ということで虫歯治療に嫌なイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。でも、当院では、健康な歯質をできる限り残せるような機械や治療法を各種取り入れ、大切な歯を長持ちさせるようにしています。
一般歯科では、虫歯以外でも「歯が痛い」、「歯が欠けた」、「詰め物が取れた」、など、歯のさまざまなトラブルに対処します。早く対処するほど、治療も簡単に済ませられることが多いですので、ぜひお早めにご連絡ください。

痛みの少ない・なるべく歯質を残す治療

痛みを少なく治療する上でのポイントの一つとして、麻酔時の痛みを極力感じないようにする、というのがあります。虫歯治療においては、多くの場合に麻酔が必要となるからです。

麻酔をする上で痛みを感じさせないポイント

  • Point 1 表面麻酔をします

    麻酔時に痛みを感じる最初のポイントは、歯茎に針が刺さる瞬間です。この痛みを感じさせないようにするために、当院では歯茎にあらかじめ表面麻酔を塗布し、表面の感覚を麻痺させておきます。

  • Point 2 極細の針を使用します

    麻酔液と体温の差が大きいほど、麻酔液が体内に入ってくる際に痛みを感じやすくなります。当院ではあらかじめ麻酔液の温度を体温程度に温めておきます。

  • Point 3 麻酔液を体温程度に温めておきます

    麻酔液の注入圧が強いと痛みを感じやすくなるので、痛みを感じないよう、注入速度をコントロールして圧がかからないようにしています。

  • Point 4 麻酔薬をゆっくり注入します

    歯が健康でしっかり噛めると、消化機能が良い状態で保たれます。また、よく噛めることで体の運動機能やバランス感覚の維持に役立つと言われていますし、脳に良い刺激が伝わって認知症の予防にもつながります。

治療の上で、痛みを少なく、歯をなるべく削らないようにする方法

レーザーを使った治療

当院では、歯科用レーザーを導入しており、虫歯の治療にも活用しています。軽度の虫歯に適用できる方法で、虫歯の部分にレーザーを当てると、虫歯が弾かれるように取り除かれていきます。
歯を削る場合の不快な振動や、熱が発生しないため、痛みを感じずに虫歯治療を行うことができます。
また、悪い部分だけが取り除かれるため、健康な部分まで削られるということがなく、歯質を極力残すことができます。

エアアブレーション

こちらも、軽度の虫歯治療に適用可能な方法で、酸化アルミニウムの微粒子を高圧で吹きつけて虫歯を吹き飛ばします。
強力な風を吹き当てますので、少し冷たさを感じることはあるかもしれませんが、痛みを感じずに虫歯を取り除くことが可能です。
また、レーザーと同様、健康な部分は取り除かれないため、歯質をより多く残すことができます。

抗菌剤を使った治療(3Mix法)

虫歯の部分に3種の抗菌剤を詰めて無菌化する方法です。
歯を必要以上に削る必要がないので、治療時に痛みを感じにくく、多くの場合麻酔を使用せずとも治療することができます。
象牙質まで進行してしまった虫歯は、治療後いくら殺菌しても、無菌化することはとても難しいと言われています。一方、この治療法では、抗菌剤を患部に詰めるだけで病巣は無菌化され、虫歯の進行を食い止めることができます。
また、神経に達するような深い虫歯の場合、3Mix法を使うことで神経を抜かずにすむ確率が高くなります。

虫歯の進行段階と治療法

CO(シーオー)のイラスト

CO(シーオー)要観察歯
歯の表面が虫歯菌の出す酸によって溶かされ始めた段階で、歯の表面が白く濁っています。痛みは全くありません。

C1(シーワン)のイラスト

C1(シーワン)エナメル質の虫歯
歯の再表層であるエナメル質に虫歯が達してしまい、黒くなったり穴が空いてきたりしている状態です。この段階でも痛みを感じることはありません。

C2(シーツー)のイラスト

C2(シーツー)象牙質の虫歯
エナメル質の奥にある象牙質にまで虫歯が広がった状態です。甘いものや冷たいものがしみるようになります。

C3(シースリー)のイラスト

C3(シースリー)神経に達した虫歯
虫歯が歯の中心部にある神経に達した状態です。熱いものでしみたり、何もしなくてもズキズキと痛んだりするようになってきます。

C4(シーフォー)のイラスト

C4(シーフォー)歯根に達する虫歯
虫歯が進行しすぎて、歯のほとんどが崩壊し、歯根にまで達している状態です。神経は死んでしまっているため、痛みを感じないこともありますが、化膿すると痛みを起こしてきます。
虫歯は「できてから」ではなく、「できないように」予防が大事です

虫歯治療では、治療によって歯の見た目や機能の回復をすることはできます。でもそれは、虫歯で失われた部分を人工物で補っているだけにすぎません。
つまり、一度虫歯でやられてしまった部分は自然治癒することがなく、決して元に戻すことができないのです
しかもどんなに精密に虫歯の治療を行なったとしても、歯と詰め物の境目には微小な隙間ができてしまい、虫歯の再発のリスクを抱えてしまいます。
そのため、虫歯対策としては、「できてから」対処するのではなく、虫歯が「できないように」予防することが大切です。
虫歯は日頃の食生活やブラッシングにより、ある程度の予防が可能です。虫歯ができたから治療するという考え方ではなく、日常のお口の衛生管理に努め、日頃から予防をしっかり行うことが大事です。定期検診を心がけ、早期発見・早期治療に努めましょう。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報