大阪でインプラントなら増田歯科医院(守口本院・京橋院・門真院)

増田歯科医院 守口本院

守口本院

06-6916-1118
satake 守口梶町店すぐ
増田歯科医院 京橋院

京橋院

06-6882-1118
京阪「京橋」駅 徒歩1分
増田歯科医院 門真院

門真院

06-6901-1118
京阪「門真市」駅 直結

歯科衛生士コラム

妊娠性歯周炎

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の土居です。

一般に妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。
これは女性ホルモンが大きく関わってくるといわれており、
特にエストロゲンという女性ホルモンがある種の歯周病原細菌の増殖を促すこと
また、歯肉を形作る細胞が エストロゲンの標的となることが知られています。
そのほか、プロゲステロンというホルモンは炎症の元であるプロスタ グランジンを刺激します。
これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30 倍になるといわれており、
妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるのです。
ただ、基本的にはプラークが残存しない清潔 な口の中では起こらないか、起こっても軽度ですみますので
妊娠中は特に気をつけて プラークコントロールを行いましょう。
油断すると出産後に本格的な歯周病に移行する場 合もありますので、注意が必要です。

*妊娠中は、食生活や口腔ケアの問題からむし歯や歯肉炎にかかりやすいので普段以上に気を付けてもらうことが大切です。

*食事や間食の回数が増すので、食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。

*「つわり」の時には、できるだけ気分のよい時に歯みがきを行い、みがけない時はぶくぶくうがいをしましょう。

刺激の少ないデンタルリンスを使用するのをオススメします。

(ヘッドの小さな歯ブラシを使うとよいでしょう)。

*食嗜好も変わりやすいので、糖分の多い飲食物や酸性食品をだらだら食べることは控えましょう。

ページトップへ戻る
電話で予約電話で予約 初診WEB予約初診WEB予約