新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

指しゃぶり

こんにちは。
増田歯科医院 歯科衛生士の黒田です。

今日は指しゃぶり、爪噛みをする事により歯にどのような影響があるのかをお話します。

指しゃぶりをすると、今後…

・上の前歯が前方に出る(=出っ歯)

・上下の前歯の間に隙間が開いてしまう

・上下の奥歯が横にずれて中心が合わなくなってしまうという可能性が出てきます。

また、爪を噛んでしまう癖がありますと

上の前歯の間に隙間が開いてしまったり、歯並びが悪くなる恐れがあります。

だいたい3歳頃から始まる癖で、原因としては精神的緊張の高まりが挙げられます。

指しゃぶりに関しては乳児の発達過程における生理的な行為なので、そのまま経過をみて良いかと思います。
ただ3歳を過ぎる頃にまだ治っていなければ、骨格が大きく変化する前にやめさせるようにした方がいいです。

指しゃぶり、爪を噛むなどの癖がなかなか治らず、それにより歯並びが悪くなると、歯磨きが難しいため虫歯になるリスクも高まります。
矯正治療も場合によっては長期間かかる可能性もあり大変です。

その為、そのような癖に気付いたら早いうちからやめさせるようお家での指導をした方が良いです。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報