新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

子どものハミガキ

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の土居です。

子どものブラッシングはどうするのでしょうか?

まず、歯ブラシに興味を示したら、歯ブラシを、くわえさせることから始めるようにしましょう。
次に年齢と歯ブラシの仕方についてお話しします。
1歳6ヶ月~
歯ブラシを与えるようにし、自分で磨こうという気持ちを育てる。
3歳~
1日1回は、自分で磨く時間を作りましょう。
そして「アー」の口と「イー」の口で磨くよう伝えます。
4~6歳
歯ブラシの持ち方を練習しましょう。
こんにちはの持ち方(歯ブラシを自分の方に向ける)、さよならの持ち方(歯ブラシの毛先の裏側を自分の方に向ける)で歯ブラシを持てるようにしてください。
「アー」の口で左右上下の奥歯の噛み合わせ部分、「イー」の口で正面と左右の頬側を磨きます。
子どもの仕上げ磨きは低学年ごろまでしてもらうと虫歯になるリスクが下がりますので特に夜は仕上げ磨きして下さい。

何か、わからないことなどあればお子様の検診の時に相談して下さい。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報