新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

虫歯の予防

おはようございます。
増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

前回、子供の虫歯の話がでてきたので今日は虫歯予防の話をしたいと思います。

皆さんは、子どもの歯と大人の歯では、どちらが複雑な形をしていると思いますか?
それは当然大人の歯、と答えたくなると思いますが、実際は逆なのです。
奥歯の表面はデコボコしています。
これを小窩裂溝(しょうかれっこう)と呼び、大人の歯の表面にも存在しますが
子どもの場合は特に複雑な形態をしています。

このデコボコに汚れがたまり、子どもの虫歯の原因になりやすいので
虫歯予防のためにそこをふさぐのが「シーラント」なのです。

複雑に入り組んでいた歯の表面が、平面に近い状態となり、歯磨きをするのがとても簡単になります。

こういった処置をしながら大人の歯に変わるのを待ちます。
1番大切なのは、もちろん歯ブラシですが、こういった処置も併用してお子さんの大切な歯を守ってあげましょう!

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報