新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

TCH

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

今回はTCH(Tooth Contacting Habit;歯列接触癖)についてお話したいと思います。

通常、安静時には上下歯列が接触していません。上下の歯の間には安静空隙という2〜3mmのスペースが存在しています。
歯が触れ合う時は、咀嚼、会話、嚥下の時で、その接触時間は1日平均17分と述べられています。

しかし、歯と歯が無意識の時でも接触している癖(TCH)を持っている人がいることが知られています。

TCHをもっている方は顎関節症、または悪化する確率が約2倍に増加するといわれています。

TCHを持っている人には「歯ぎしりやくいしばりをしていますか?」と質問すると「していません」とお答えになる人が多いので
見逃されてしまうことが多くなります。それはまさに無意識の時にしているからです。

ちなみに私は集中した時、ストレスを感じた時にしています。
自分で自覚するのは難しいかもしれませんが皆さんも是非、気にしてみてください。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報