新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

歯肉炎と歯周病

こんにちは。
増田歯科歯科医院、歯科衛生士の中村です。

今回は歯肉炎と歯周病の違いについてお話します。

前回のコラムでもお話しが出ましたが
歯肉炎とは歯と歯茎の境目に歯垢(プラーク) 細菌のかたまりが溜まり
歯茎がぷくぷくと赤く腫れてしまいます。
歯肉炎は歯ブラシをしただけで血がでてしまったり、口臭の原因ともなります。
ただし歯肉炎は歯ブラシを改善したり、菌を減らす事により健康な歯茎を取り戻せますが、歯周病はなおりません。

歯肉炎が起き進行すると、歯周病になります。
歯周病になると周りの骨が溶けてなくなってしまい、次第に歯が動いてきたりします。
歯周病は自覚症状がない為進行していてもご自身では分かりにくい病気です。

手遅れになる前にしっかり歯の手入れをしましょう。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報