衛生士コラム

認知症と歯周病

こんにちは。
増田歯科医院歯科衛生士の矢川です。

皆さんは歯周病と認知症関係あると思いますか?

実は、関係があります。

認知症になるリスクが、自分の歯が20本以上ある人に比べて
歯がほとんど無くて、入れ歯も使っていない人では1.9倍になったそうです。

歯がほとんど無くて、入れ歯を使っている人では1.2倍に高まっていたということです。
また、硬い物を噛めない人は、どんなものでも噛める人に比べて1.5倍高かったそうです。

歯が無い高齢者で認知症のリスクが高くなるのは、歯周病が認知症の一因となる脳梗塞に関係している場合や
噛む力の低下で脳への刺激が失われるためと考えられています。

歯周病を治すことは全身疾患を防ぐこともできますので、お時間ありましたら一度定期検診にいらして下さい。
お待ちしております。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報