新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

詰め物、被せ物

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の酒井です。

毎日の食事を楽しく、しっかりと噛むために虫歯や歯周病の予防はとても大切な事です。
しかし、虫歯や歯周病の事以外にも、人と話したり笑ったりした時に見える歯の見栄えも気になる
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これまで、虫歯や歯周病の予防のために様々な清掃道具や清掃方法についてお話してきましたが
今回は少し視点を変えて、歯の見た目について、虫歯の治療後の歯を中心にお話させていただきます。

ご自身のお口の中を鏡で見てみると
以前に治療した詰め物や被せ物が入っているという方も多いのではないでしょうか。

その詰め物や被せ物の色や形はどうですか?

治療後すぐは白かった被せ物や詰め物が黄ばんでいたり、歯との段差の部分が黒くなっていたり
欠けてしまっていたり、すり減っていたりしませんか?

虫歯などが原因で失った部分を補ってくれている詰め物や被せ物ですが
1度治療してしまえば終わりというわけではありません。

期間に個人差はありますが、ずっと使っていると、色褪せたり、すり減ったり
隙間から虫歯が再発して黒くなったりする事があります。

古くなった詰め物や被せ物をやり変える事も、自信を持って人と話したり笑ったり出来るきっかけの1つになるかもしれません。

詰め物や被せ物にも色々種類があるので、分からない事があれば聞いてくださいね。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報