衛生士コラム

若年性歯周炎

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の中村です。
今回のコラムは若年性歯周炎についてお話します。

若年性歯周炎、別名侵襲性歯周炎ともいいます。
皆さんは若いうちは歯周炎にならないと思いがちではありませんか?
実は若年性歯周炎と言うのは、20代から30代に発症する歯周炎なのです。
若年性歯周炎は進行がとても早く、一度発症してしますと、進行が早いとも言われています。

全身症状はないのですが、一般的の歯周病と比べ治療法や原因が異なる為改善されにくいとも言われています。
又、前歯や第一大臼歯( 奥歯 )にだけ発症する事もあります。
家族内でこのような症状に過去なった事がある方は要注意です。
若年性歯周炎は、遺伝的素因が見られる事もあります。

お口に違和感を感じたり、気になる事があればすぐ歯医者に来てください。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報