衛生士コラム

舌痛症

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

皆さんは、舌先がぴりぴりしたり、舌がやけどをしたようにヒリヒリして痛くなった経験がありますか?。
これらは「舌痛症(ぜっつうしょう)」と呼ばれており、舌の表面には外見上、異常がないのが特徴です。
更年期を迎える四十、五十代の女性に多いことから、ホルモンのアンバランスや自律神経の変調なども関係があるともいわれています。
近年では年齢、性別関係なく症状を訴えられる人が増えています。

原因は、ビタミンB欠乏症、貧血、糖尿病、薬の副作用、口腔乾燥、うつ病、心気症などがあげられます。

心理的な原因で起こる場合は、神経質で几帳面な性格の人に発症しやすい傾向がみられます。
食事をする時には、痛みがなくなったり、和らいだりする場合が多く、舌のことを、あまり気にし過ぎると、痛みがよりひどくなるようです。舌痛症の他に『舌の痛み』が出る病気は、細菌やウイルスの感染による口内炎や、口の中に潰瘍のできる病気
また細菌やカビによる炎症、舌がんなどもあります。

又、入れ歯や歯列矯正具が口に合わなかったり、虫歯や歯のとがった部分で傷ついて痛みを感じたり
歯の治療に用いる金属のアレルギーが原因になっていることもあります。

舌の痛み(心因性の場合を除いて)は、時として食事をすることを苦痛にし、栄養障害を起こすきっかけにもなります。
もし長引く様であれば、かかりつけの歯科医院または耳鼻咽喉科へ相談に行かれることをお勧めします。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報