衛生士コラム

糖尿病と歯周病

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の中村です。

今回は糖尿病と歯周病の関係についてお話しします。
みなさんは糖尿病と歯周病の相互関係をご存知でしょうか?

糖尿病の人は歯周病にかかりやすいと言われています。
又、歯周病の人は糖尿病になる可能性が高いと言われています。
糖尿病になると唾液の分泌量が減少してしまいます。
減少してしまうと、お口の中の細菌を洗い流す作用が弱まってしまうので
細菌が増えてしまい歯周病になりやすく、治りにくいと言われています。
糖尿病は歯周病を重症化しやすいとも言われています。
ここで歯周病の治療を徹底すると、血糖値が改善することもあります。
血糖コントロールが悪いと、歯周病の治療をしてもなかなか効果が出にくいとも言われています。

糖尿病も歯周病も自覚症状がないため進行しても分かりずらい病気です。
症状が悪化する前にしっかり予防していきましょう。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報