衛生士コラム

歯間ブラシ

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の酒井です。

みなさんは、毎日の歯磨きで歯間ブラシはお使いですか?

歯ブラシだけでは取る事の出来ない、歯と歯の間の汚れは歯間ブラシで取る事をオススメします。

歯間ブラシには、まっすぐのもの、L字型に曲がったもの
シリコンタイプのものなど、色々と種類があります。

まっすぐのものは前歯、L字型に曲がったものは奥歯に適しています。
また、シリコンタイプのものは歯茎に優しいですが、中心に針金の通ったブラシタイプのもののほうが
汚れを落とす効率がいいかと思います。

サイズもいろいろありますが、サイズの合っていない歯間ブラシを使うと、効率が悪くなったり
歯茎を傷つける原因になりますので、しっかり自分の歯の隙間に合ったサイズの歯間ブラシを見つける事が大切です。

歯間ブラシは、1本1本の歯と歯の間に通すため、時間がかかりますし、慣れるまでがとても大変ですが
虫歯になりやすい歯と歯の間をしっかりお掃除することができ、どの部分に歯茎の炎症があるかなど
自分で判断することが出来るため歯周病の予防にも繋がります。

みなさんも是非普段の歯磨き習慣に歯間ブラシを取り入れてみましょう

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報