衛生士コラム

歯ブラシ

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の土居です。

前回のコラムで歯ブラシの選び方について、お話がありましたが
お口の汚れを落とすには、歯ブラシだけだと、約6割ぐらいの汚れしか落とすことができません。
残りの汚れは、歯と歯の間に残っています。
その汚れを落とすには、歯間ブラシを使います。
歯間ブラシも種類があり、Iの字型やFの字型などの形があります。
Iの字型、Fの字型ともに、前歯の汚れを落とすのは有効なのですが
奥歯の汚れのお掃除は、Fの字型の方が使いやすいです。
また、歯間ブラシの先のお掃除する部分にも種類があり
ナイロンの毛のタイプとシリコンのタイプがあります。
ナイロンの毛のタイプは汚れを落とすことが可能ですが
シリコンの毛だと大きな物のつまりは落とせても、歯の面にべったりとくっついた汚れは
なかなか落とすことができません。

歯間ブラシを選ぶポイント
1.Fの字型の歯間ブラシを選ぶ。
2.自身の歯と歯の間にあった太さの歯間ブラシを選ぶ。
3.ナイロンの毛のタイプの物を選ぶ。

また分からないことや、自身の歯と歯の間にあった歯間ブラシの大きさを
知りたいなど、お気軽にご相談下さい。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報