衛生士コラム

歯と歯の間の掃除

こんにちは。増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

皆さんは、デンタルフロス(糸ようじ)と歯間ブラシ、どちらを使用しようか
迷った事はないですか?

基本的にフロスは歯と歯の接触点を掃除するのに向いています。
虫歯がよく歯と歯の間に出来る人はフロスをお勧めします。
また、歯間ブラシが入らない方は基本的にフロスを通していただきたいです。

歯間ブラシは歯と歯の間の掃除をするのに向いています。
歯周病だと言われた方はこちらをお勧めします。

1日1回の夜の歯ブラシの時間にはどちらかを選択してもらえると
これから出来るお口の中の病気を防ぐ事ができます。

また、歯間ブラシやフロスを歯ブラシの前にするか、後にするか
悩んでいる方もいらっしゃるかも知れません。
基本的にはどちらでもいいですが、私は先にすることをお勧めします。
なぜなら、歯ブラシだけで今まで終わっていた方は
歯ブラシをすると満足感が得られて、なかなか歯間ブラシやフロスに
移行できないのです。

歯間ブラシ、フロスを先にすると物足りなくて歯ブラシをすることになります。
結果、両方できるということです。

皆さんのお口の病気が減ることを願っています。

また、分からないことがあれば気軽に聞いて下さいね。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報