衛生士コラム

歯ぎしり

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の中村です。

今回のコラムは前回のコラムでもお話が出た、歯ぎしりについてお話します。

歯をギリギリと擦り合わせて、歯を噛みしめる動作を「歯ぎしり」といいます。
歯ぎしりの原因は、ストレスや歯並び、噛み合わせ等があります。
歯ぎしりを続けると、歯が痛くなったり歯が割れたり、しみたり、顎が痛くなったり
骨隆起が出来てしまったり、歯の被せ物に力がかかってしまうと割れてしまったりする恐れがあります。

歯だけではなく、偏頭痛の原因や肩こり、顔周りの筋肉を使うので
顔が大きくなったりするとも言われています。
歯ぎしりの予防方法として、マウスピースを作ったり、矯正治療や
噛み合わせを調整して予防したり
口周りの筋肉をほくじてリラックスする為にマッサージするのも良いと思います。

気になる方は歯医者に来て先生に相談してみて下さいね。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報