衛生士コラム

早産と歯周病

こんにちは。
増田歯科医院歯科衛生士の矢川です。

歯周病は怖い病気だと理解していただくために歯周病と関係のある病気をお伝えしたいと思います。

男性には絶対に起こらない、女性だけの歯の病気があるのを知っていますか?
それが、妊娠中に起こる「妊娠性歯肉炎」です。

妊娠中はつわりがひどくて、歯を磨くのも苦しいという方もいます。
そのせいで歯磨きができなくなったり、歯磨きしたとしても、妊娠前と比べて磨けていないことも多いです。

それが原因で歯肉炎になってしまうケースも多いのですが、『妊娠性』という名前がついている理由がちゃんとあります。
妊娠中は、「エストロゲン」という女性ホルモンが増えるのですが、この女性ホルモンは歯周病菌の大好物なのです。

エストロゲンが増えることで、歯周病菌まで増えてしまうのです。
妊娠中というのは、妊娠していない時に比べると歯周病菌が増えやすくなっているせいで、歯肉炎にかかりやすくなっているのです。
そして危険なのが、妊娠中に歯肉炎になってしまうと、胎児に対するリスクがあるのです。
妊娠性歯肉炎は、歯周病菌によって引き起こされる歯の病気ですが、そのせいで「流産」・「早産」・「未熟児」などのリスクが高まることがわかっています。

胎児にも影響を及ぼすことがある「妊娠性歯肉炎」。

生まれてくるお子さんのためにも、しっかりお口のケアをしていきましょう。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報