新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

成長過程の悪習慣

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

歯並びやかみ合わせを乱す原因としてお口の周りに関連する悪習癖が挙げられます。

習癖といっても様々なものがあり、特に改善の必要がないものから、自分では気づかないうちに習慣的に行っていて
身体に何らかの悪影響があり改善が必要なものなどもあります。

代表的なものと言えば、指しゃぶり、爪咬み、咬唇癖、舌癖、歯ぎしり、頬杖、異常嚥下壁(飲み込む時の癖)
口呼吸(お鼻で呼吸せずにお口をいつも開いている) などの種類があります。
これらの習癖があると、咬み合わせや歯の配列に影響を及ぼし、正常なお口のはたらきを阻害してしまうのです。
永久歯が生えそろった成人ではもちろんのこと、成長発育期にこれらの習癖があると本来の正常発育が妨げられ
歯列不正のみならず骨格の変形まで影響を及ぼすこともあります。

しかし、これらの習癖を行っている本人は無意識なことが多く、他人から指摘されてはじめて気づいたり
ずっと気づかずに今まで過ごしていることが実は多いのです。
歯並びやかみ合わせの異常に気づいたら、歯を取り巻くお口の周りもじっくり観察してみることをお勧めします。

もし、気になることがありましたらいつでも聞いてくださいね。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報