衛生士コラム

思春期性歯肉炎

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の酒井です。

2つ前のコラムで、妊娠性歯肉炎についてのお話がありましたが
今回は思春期の歯肉炎についてお話させていただきます。

思春期の歯肉炎は、妊娠性の歯肉炎と似ていて、ホルモンが関係しているのですが
中学生や高校生くらいの成長期に、歯茎が腫れ、出血がみられる場合があります。
急性的な炎症なので、最近急に歯茎がプクプクと腫れて、歯磨きの時に血が出る、という方は要注意です。

このくらいの年代のお子様をもつ保護者の方も注意してみてあげてください。

これも、プラークをしっかり除去する事で防ぐ事や、改善は可能なので
若年性の歯周炎になる前に、歯科医院で診てもらい、早めに対処しましょう。

まだ年齢が若いからと安心せずに、早めの対応をお勧めします。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報