新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

妊娠期の虫歯予防

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の白潟です。

妊娠期から赤ちゃんへの虫歯感染を防げる方法があるのをご存知でしょうか?

その方法とは、、

キシリトールガムを摂取することで守ることが出来るのです。

キシリトール100%配合ガムを摂取したお母さんから生まれた赤ちゃんとそうでない赤ちゃんを比べると
生後一歳の時点で虫歯の原因菌であるミュータンス菌が見つかる確率が5分の1以下であることが明らかになっています。

キシリトールはいちごやほうれん草に含まれる成分と同じで人間の体内でも作られている成分なので安心です。
キシリトールはプラークを作る材料にならず、酸を作りません。
また、プラークの量を減らし歯磨きで落としやすくしてくれたりミュータンス菌のを減らします。

妊娠6ヶ月から出産9ヶ月までの13ヶ月間、キシリトール100%配合ガムを1日4回毎日摂取することで虫歯感染を少なくできます。

妊娠期からの虫歯予防、是非始めてみてはいかがでしょうか?

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報