衛生士コラム

喫煙

こんにちは!
増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

みなさんはご存知ですか?

歯周病の大敵、喫煙習慣について。
「歯周病」は歯周病菌がお口の中で繁殖して、歯茎に炎症を起こし、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。
日本人の約8割が発症すると言われており、歯を失う最大の要因となります。
歯周病の原因は様々ですが、「喫煙」もその一つと言われています。タバコを吸っている本人だけでなく、
その周りで煙を吸っている受動喫煙でも影響が出ると言われています。

歯周病の原因は歯周病菌による感染です。免疫力が十分に備わっている若いころはあまり見られませんが
免疫が低下してくる40代ころから発症しやすくなります。
つまり、免疫力が低下してくると、歯周病にかかる可能性が高まってしまいます。
タバコを吸うと、体の中の血管が収縮するため、歯ぐきの血流が約半分と言われています。
その結果、新鮮な血液が送られなくなり、免疫力が低下してしまうため、歯周病菌に対する抵抗力も低くなります。
また、口の中の粘膜から吸収されたニコチンも歯茎の血行を悪くして、免疫力の低下につながります。
タバコの煙が粘膜に付着すると、唾液の分泌量が減り、唾液本来の殺菌作用も失われてしまいます。
あるデータによると、タバコを吸う人は吸わない人に比べて歯周病に感染率が約3~5倍と言われています。
また、喫煙習慣のある人は、血流不足のため、きちんと歯磨きをしても治療の効果が出にくくなります。
タバコの本数が多い人や、喫煙年数が長い人ほど、歯周病リスクが高まります。

もし、ご自身がタバコを吸っていたら、健康のために「喫煙習慣」を見直されてはいかがでしょうか?

なぜなら、歯は、二度と生えてこないですからね!

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報