新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

喫煙と歯周病

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の酒井です。

今回は、歯周病と喫煙の関係についてお伝えします。

みなさんは、喫煙と歯周病の関係性についてご存知でしょうか?
喫煙は、歯周病の『リスクファクター』といわれています。
喫煙で歯周病になりやすくなる、あるいは進行しやすくなるということです。

喫煙の影響で歯周病菌と闘うための自己免疫力が低下します。
また、もともとは歯周病菌をやっつけるために働く体の機能が喫煙によって誤作動を起こし、自分の組織まで傷つけてしまいます。

1日10本以上たばこを吸う人とそうでない人を比べると、5倍以上歯周病に対する危険率が違い
喫煙歴が10年を超えるとそうでない人とでは4倍くらい危険率が違うというデータもあるそうです。

最近自分の口の中が気になってきた、という方は、このように違う観点からも歯周病のリスクを下げる事も可能です!

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報