新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

口臭

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の矢川です。

前回もあったように口臭について気になっている人もいると思いますので、少しお話させてください。

お口のにおいは誰にでもあるものですが、においの原因物質が多くなると口臭となります。

口臭は、主に下記のものが原因として考えられます。
一つ目は舌苔(ぜつたい)です。
舌を覆う白い汚れを舌苔と言い、口臭の原因の約80%にあたります。起床時に濡れたガーゼや舌ブラシで舌を清掃することで
予防出来ます。しかし、磨きすぎると舌の粘膜を傷つけてしまうので注意が必要です。

二つ目は入れ歯です。
入れ歯の表面に付く歯垢が口臭の原因となります。特に入れ歯の内側に汚れがたまりやすく、不衛生な状態が続くと口臭になります。食後、入れ歯を外してブラシで磨き、入れ歯洗浄剤で殺菌するようにしましょう。

三つ目は、虫歯・歯周病です。
虫歯や歯周病の進行により、細菌の活動が活発になり臭いが発生します。早期の治療や歯みがきによる予防が重要です。

今回あげたもの以外に、身体の異常が口臭として現れることもあります。
上記の対策をされても改善が見られず、他の身体症状がある場合は、一度、病院で相談されてはいかがでしょうか?

皆さんの悩みが一つでも多く解決できますように。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報