新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

フッ化物

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の酒井です。

みなさん、普段お使いの歯磨き粉はどのようなものですか?

フッ素は入っていますか?
研磨剤は入っていませんか?

歯周病に効くもの、知覚過敏に効くもの、同じ歯磨き粉でも
色々と種類があると思います。

今日はその中の、ほとんどの歯磨き粉に含まれているフッ素について
少しお話させていただきたいと思います。

普段何気なく目にするフッ素(私たちが利用しているのはほとんどがフッ化物)が歯に
どんな効果をもたらすかご存知でしょうか?

フッ化物が歯にもたらす影響としては、大きく分けて3つあり
まず1つ目は、歯の主成分であるハイドロキシアパタイトという成分にアプローチする事で
歯の質を強くします。

2つ目に、歯を溶かす原因である、虫歯菌が出す酸を抑えてくれる働きがあります。

3つ目は、唾液中に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンと一緒に
溶かされかけた歯を修復する、「再石灰化」という作業を助けてくれます。

このように、フッ化物には歯にとって様々な嬉しい作用があるのです。

みなさんも、虫歯から大切な歯を守るために、毎日の歯磨きや
かかりつけの歯医者での定期健診などで、効果的にフッ化物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報