衛生士コラム

タバコ

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の中村です。

今回のコラムも喫煙に含まれる影響についてお話します。

タバコに含まれる一酸化炭素やニコチンやタールといった有害物質は、喫煙によって歯茎に影響を与えていきます。
有害な成分は、歯肉に沈着してしまい歯茎を黒くしてしまいます。
タバコの刺激によってメラニン色素が活性化するので、歯肉への色素沈着がおこります。

ニコチンや一酸化炭素は血管を収縮させ血行を悪くします。

血管が収縮すると言う事は、流れる血液の量が通常よりも少なくなるので、色も黒ずんで見えます。

歯肉を改善させる方法にはガムピーリングと言う治療もあるので、気になる方は一度相談に来てくださいね。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報