新型コロナウィルスの予防対策について
衛生士コラム

お薬4

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の白潟です。

お薬の話題が続いていますが
歯周病と関係のあるお薬があるのをご存知でしょうか?

その関係のあるお薬を長年服用し
なおかつお口の中の菌のコントロールが出来ていなければ
歯茎に炎症の起こる、歯肉炎という状況が起こります。

この歯肉炎にも特徴があり、ただの歯肉炎とは異なり
歯茎がとてもプクプクし、腫れ上がったような状態になります。

炎症が大きい場合には、歯が隠れてしまうほど腫れることもあります。

この症状が報告されているお薬の代表が
抗てんかん薬のダイランチン
血圧を下げるニフェジピン
免疫抑制剤のシクロスポリン
などと言われています。

飲んでいるから必ずというわけではなく
お口の中の清掃状態によっても変わってきます。

上記の系統のお薬を飲まれていて、最近歯ブラシの時に血が出るなど
心当たりのある方は是非一度ご相談下さい。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報