インプラント治療で生活が変わる!治療でそんな良い変化がある?

いざ、インプラント治療を受けると私達の日常生活はどのように変化するでしょうか?歯の治療において最終手段とされるインプラント治療を受けることで、より良い健康な生活を送れるものか、増田歯科が調査してみました。

続きを読む...

インプラント治療はなぜ高額なの?

「インプラントの治療は高い」と言われています。確かに、安さを強調している歯科クリニックでもインプラント治療は1本20万円ほどかかりますし、1本40万円を提示している歯科クリニックも少なくありません。
つまり、インプラントの本数を増やすと簡単に数百万円に達し、新車の自動車を買うことができる出費になってしまうということです。
では、なぜインプラント治療は高額になっているのでしょうか。
そして、安くする方法はあるのでしょうか。増田歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む...

高齢者の口臭の原因と対策

年齢を重ねるごとに、何かと「自分の臭い」というものは気になってしまいます。その一つである「口臭」も、加齢によるものだからと諦めている人がいますが、実は高齢者の口臭はその原因を突き止めることで対策はできるのです。そこで、今回は高齢者の口臭の原因とその対策について増田歯科が解説します。

続きを読む...

インプラント治療中は生活習慣に気を付けましょう

歯科治療の中でインプラント治療は、最も大きな治療のうちの1つです。この治療では、金属の部品をあごの骨に直接埋め込む手術を行います。そのため、歯茎を切ることになります。
骨や歯茎の中を露出させることになるので、手術後は細菌に感染しやすくなります。感染症を引き起こすと最悪、せっかく埋設したインプラントがあごの骨から抜けてしまうこともあります。
そうならないようにするには、歯医者から指示された通りに生活習慣をあらためる必要があります。中には厳しいルールもありますが、手術でできた歯茎の傷が治るまでのことですので、頑張ってください。では増田歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む...

歯が一本も無い状態でもインプラント治療できる?

歯が無いというのは、とても辛いことですよね。人生においてとても重要な「食べる」ということに制限がかかってしまうのは、肉体的なことだけでなく精神的にも良くない影響を与えてしまいます。失った歯を補う方法としてインプラント治療があります。それでは、事故や虫歯などで、歯をすべて失ってしまったとしたら…そんな状態でもインプラントはできるのでしょうか?増田歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む...

前歯の差し歯をセラミックにしたい!オールセラミックとメタルボンドの違いはなに?

歯医者で、むし歯の治療で詰めたり差し歯をつけたりした経験はありますか?
現在の歯科治療では、むし歯になった歯に対してコンポジットレジンとよばれるプラスチックや金属、セラミックなどを用いた修復治療が行われます。
小さなむし歯であれば、削ってコンポジットレジンを詰めて終わることもできますが、歯冠の大部分がむし歯になった歯や、外傷などで欠けてしまった歯に対しては、いわゆる差し歯ともよばれる被せものを用いた修復治療が行われます。
外見に影響する前歯の被せものですから、自然な仕上がりの白い被せものにしたいものです。
自然な仕上がりにするならセラミックで作られた被せものがオススメです。セラミックで作られた被せものにはどんなものがあり、どのような特徴があるのでしょうか。増田歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む...

知らなきゃ損する!オールセラミックは医療費控除の対象になる!

オールセラミックを検討している場合、仕上がりの美しさはとても魅力的ですがその費用が高くつくので諦めることがあるかもしれません。歯科治療では、金属で治療した場合は保険診療となりますが、セラミックの場合は自費診療となります。オールセラミックのその耐久性や審美性を考えると治療における費用が無駄になるということはないといえますが、何万円もするとなると気がひけてしまうかもしれませんね。しかし、オールセラミックは医療費控除の対象になるということをご存知でしょうか?美容目的ではなく、生活に必要な歯の機能を補う治療であれば医療費控除をうけることができるのです。

続きを読む...

インプラント治療の途中で妊娠が発覚したらどうする?!

インプラント治療は時間がかかります。顎の骨にボルトを埋めてから骨とボルトが結合するまでも時間がかかりますが、手術を実際に行うまでも時間を要します。その期間に妊娠が発覚した場合、どうするのがベストなのでしょうか。もしインプラントの治療中に妊娠が発覚した場合はこうするべきだというのを、増田歯科がご紹介します。

続きを読む...

高齢者の入れ歯事情!合わない入れ歯を入れ続ける危険性…

高齢になると、膝や肩、腰などの関節が痛くなり、何か行動するたびについつい「よいしょ」と言ってしまうことあるかもしれません。関節が痛くなるのは、軟骨がすり減ってしまうことで起きるので予防は難しいですが、唯一予防ができる部分は歯です!「歯をもっと大切にしておけばよかった」という後悔の声をよく聞きます。高齢者の方は歯がなくなった場合に入れ歯を装着していることが多いでしょう。しかし、入れ歯は加齢による歯茎の変化に伴い合わなくなってしまいます。合わなくなった入れ歯を装着していると、どのような弊害が生まれるのでしょうか。

続きを読む...

高齢者こそ!口腔ケアに力を入れるべき理由

自分で正しく歯磨きをすることは難しいです。要介護のお年寄りなどは、家族がサポートしていることも多いかもしれませんが、その場合でも歯磨きがしっかりできていないことが多いでしょう。
高齢者の方は特にきちんと口腔ケアをしないと、命にも関わってきます。また、口腔ケアをしてあげると生活の質(QOL)が向上します。
今回はあまり歯医者さんに聞けない口腔ケアの意義や口腔ケアをしないとどうなるのか、増田歯科が説明していきます。

続きを読む...

1 / 612345...最後 »
まずはお気軽にお問い合わせください