【4】無痛治療に配慮

静脈内鎮静法

痛み・不安・恐怖症などが和らぎ、
リラックスした状態でインプラント手術が受けれます。

安全かつ正確に行うインプラント手術

静脈内鎮静法とは全身麻酔の直前のような感じで、インプラントの手術中や手術後の不快感がほとんどありません。

その上、“呼びかければ応答できる”状態にあり、意識を失わせるような強烈な麻酔ではありませんので、ご安心して頂けます。

この静脈内鎮静法は、インプラントが盛んで痛みにも敏感なアメリカで多く使用されています。全身麻酔のような危険や入院が必要なく、手術後すぐに意識が回復するため、30分程度で帰宅していただけます。

静脈内鎮静法はインプラント手術の不安を和らげることができますので、強い嘔吐反射や歯科治療、手術に対する緊張や恐怖心のために歯科治療が受けられない方にとても有効です。

■ 静脈内鎮静法の対象
・不安や恐怖心の強い方
・長時間の手術を受けられる方
・基礎疾患(高血圧、糖尿病など)がある方
・嘔吐反射が強い方
・歯科治療の最中に気分が悪くなったことがある方
■ 静脈内鎮静法の特徴
・鎮静中は完全に意識がなくなることはなく、ウトウト眠った状態になる
・口内の注射や治療を殆ど覚えていない状態になる
・嘔吐反射が強い人でも、「オエッ」となるのを防ぐ
・痛みや恐怖心などのショックを未然に防ぐ
■ リカバリールーム(回復室)

静脈内鎮静法でインプラント手術が終わった直後は、自分で歩けますが完全に切れるまで時間がかかります。その為、当医院は、リカバリールーム(回復室)も完備しております。ここで、インプラント手術後の麻酔が減衰するまで、お時間を気にせず、ゆったりと休息していただけます。

レーザーを使った治療

歯科におけるレーザー治療は、虫歯などの患部をレーザーを照射することによって弾くように削っていきます。
重度の虫歯などには向きませんが、軽度の虫歯などは痛みを感じずに悪い部分を取り除くことができます。
通常のドリルなどで削るよりは時間がかかります。

エアアブレーション

エアアブレーションとは、酸化アルミニウムの微粒子を高圧で吹きつけて虫歯を吹き飛ばす治療方法です。
強力な風を吹き当てますので、少し冷たさを感じることはあるかもしれませんが、痛みを感じずに虫歯を取り除くことが可能です。こちらの方法も重度の虫歯には向きません。

抗菌剤を使った治療(3Mix法)

虫歯を削らずに、3種の抗菌剤を患部に詰めて無菌化する方法です。
虫歯は一度削って治療しても、口の中は菌だらけのため、再発リスクがとても高い病気です。
特に象牙質まで進行してしまった虫歯は、治療後いくら殺菌しても、無菌化することはとても難しいと言われています。
この治療法では、抗菌剤を患部に詰めるだけで病巣は無菌化され、虫歯の進行を食い止めることができます。

まずはお気軽にお問い合わせください