矯正歯科

インビザライン

取り外しができるマウスピースで手軽に矯正治療

透明なマウスピースを使ったデジタル矯正システム「インビザライン」

矯正装置

近年、成人の方で矯正治療を受ける人は年々増えてきていますが、その中でも特に人気があるのが、透明なマウスピースを使ったデジタル矯正システム「インビザライン」です。インビザラインは、マウスピース型の装置を装着するだけで歯並びを整えてくれる「マウスピース矯正」の一種で、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供する、世界でも抜群の実績を誇る矯正システムです。

インビザラインは、従来のマウスピース矯正とは違って、新しいデジタル技術を各所に取り入れており、その治療精度の高さには定評があります。
当院でもインビザラインシステムを取り入れ、多くの方にお手軽で、快適な矯正治療を受けていただいており、喜びの声をたくさんいただいています。

実際に、不正咬合を矯正治療で治すことで、見た目の印象がよくなるだけでなく、体の不調までもが改善されることはよくあります。また、歯並びを整えることで歯を健康に保ちやすくなり、ご自分の歯で一生噛めることも夢ではありません。

インビザラインとブラケット矯正との違い

矯正装置

ブラケット矯正というのは、従来から一般的に行われている、歯の表面に1本1本装置がつきワイヤーを通すものです。
インビザラインとブラケット矯正との一番の違いは、歯の表面に装置が固定されるかどうか、というところですが、そのほかにも様々な面で違いが見られます。
両者の違いを大まかにまとめると下のようになります。

■目立ちやすさ
インビザライン ほとんど気付かれない
ブラケット矯正 見える(表側の場合)
■違和感・痛み
インビザライン かなり少ない
ブラケット矯正 強い
■取り外し式かどうか
インビザライン 自分で外せる
ブラケット矯正 外せない

■虫歯・歯周病のリスク
インビザライン ない
ブラケット矯正 高い
■食事のしやすさ
インビザライン 全く問題ない
ブラケット矯正 物によっては食べにくい
■お手入れのしやすさ
インビザライン しやすい
ブラケット矯正 しにくい

■金属アレルギー
インビザライン リスクがない
ブラケット矯正 リスクがある
■治療中のトラブル
インビザライン 起こりにくい
ブラケット矯正 起こりやすい
(装置の破損・脱落など)
■診療時間
インビザライン 短時間
ブラケット矯正 長時間

■治療期間の予測
インビザライン 正確に予測できる
ブラケット矯正 正確に予測できない
■最終的なイメージ
インビザライン 治療前にわかる
ブラケット矯正 治療前にはわからない
■適応症
インビザライン 対応できない症例もある
ブラケット矯正 ほぼどんな症例にも対応

■自己管理
インビザライン 自分で着脱が必要
ブラケット矯正 放置しても歯が動く

インビザラインのメリット・デメリット

成人矯正
周囲に気づかれにくい
インビザラインで使用する装置は、薄くて透明な医療用プラスチックでできたマウスピースです。無色透明ですので、装着していてもほとんど他人にはわかりません。
痛み、違和感が少ない
薄いマウスピースですので、快適でワイヤー矯正のような強い違和感がありません。また、表面が滑沢ですので、粘膜を刺激することもなく、口内炎ができることもありません。さらに、歯を動かす際に歯に負担がかかりにくいように設計されていますので、痛みが少ないのもメリットです。
食事や歯磨きはこれまで通り
マウスピースは、食事の際や歯磨きの際には外していただきますので、今まで通りの不便のない生活を続けることができます。
虫歯や歯周病になりにくい
従来のブラケット矯正とは違い、食べ物がたまったり、磨き残しが出ることがありません。そのため、虫歯や歯周病のリスクを高めません。
金属アレルギーの心配がない
ワイヤーを使った矯正装置だと、金属アレルギーのリスクがありますが、インビザラインは金属を使用しませんので、その心配がありません。
装置によるトラブルが起きにくい
ブラケット矯正とは違ってブラケットの脱落や装置の破損が起こりません。また、硬い装置が粘膜を刺激して口内炎を作るというようなトラブルとも無縁です。
歯医者でのチェアータイムが短い
インビザラインの場合、ご自分で約2週間ごとにマウスピースを交換していただくことで歯が動いていきます。歯科医院へ来院時には、状態のチェックと新しいマウスピースのお渡しだけになりますので、歯医者で時間がかかることがありません。
デジタル矯正ゆえの精密さ
インビザラインシステムは、デジタル技術を駆使した矯正システムです。そのため、装置は精密で狂いがなく、治療が予測通りスムーズに進むので、治療期間を正確に予測することができます。
最終的なイメージがわかる
インビザラインシステムでは、どのように歯が動くのかを正確に予測できるため、矯正治療後のイメージを事前にコンピュータ上で見ることができます。このようなことは従来の矯正方法ではできなかったことです。

成人矯正
適応できないケースもある
インビザラインは、年々改良を重ねており、以前よりも適応症例は多くなりましたが、やはり、オールマイティなブラケット矯正と比べると、できる症例が限られます。
インビザラインで治療が可能かどうかは、事前にしっかりと検査を行うことでわかりますので、ご希望の方はまず診査診断を行い、もしインビザラインでの治療が難しい場合には、他の目立たない矯正法などもご提案させていただきます。
自己管理が不可欠
取り外し式の装置というのは快適で便利ではありますが、ご自分で毎日決められた時間装着していただかなければならないので、ご自分での管理がしっかりとできない場合や、装着時間が十分に取れない場合にはおすすめできません。このような場合にも、他の治療法をご提案させていただきます。

当院の矯正治療
  1. 大人の矯正
  2. こどもの矯正
  3. マウスピース矯正
料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報