衛生士コラム

妊娠中のお口の中

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の中村です。

妊娠中に起こる、お口の変化についてお話します。
妊娠すると母体には色々な変化が起こります。
まず、女性ホルモンの増加により、歯周病菌が増えたり
つわりにより、歯ブラシが出来なくなったり
食事の回数が増えたりすると虫歯が好む環境になります。

このような事から虫歯や歯周病の原因にもなります。
妊娠中にご自宅で行えるケアとしては
ブラッシングができないときは、食後にお水やお茶を飲みましょう。
お口の中に溜まった糖分などが流れ出るので、細菌の増殖を抑える効果が期待できます。
緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるので、より効果的です。
緑茶を飲めない場合はうがいだけでも効果がありますので、是非試してみてください。

料金表
お問い合わせ
求人情報

^

料金表
お問い合わせ
求人情報