インプラントは怖い?安全性と費用面をチェック

口は多くの血管や神経が通っていることから、誰かに委ねることに大きな不安を感じるのは当然です。脳にも近いため、より安全性やデメリットに過敏になってしまいます。

ここでは、誰もが「インプラントは怖いもの」と思ってしまう要因をあげ、それらの真相を明確にすることで、インプラント治療を迷っている方の恐怖心を払拭します。

■ インプラントは怖い?メリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリットについて医師に聞く女性

インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、クラウンと呼ばれる人工歯を被せる治療方法です。その特性上、次のようなメリットやデメリットが挙げられます。

●インプラントのメリット

顎の骨にしっかりと固定されているため、入れ歯のようにずれる心配がありません。入れ歯の場合は最初のうちは合っていても、使い続けているうちに歯茎と合わなくなってきますが、インプラントはずれることなく使い続けられます。

固定されたインプラントは自分の歯のように噛むことができ、顎の力を直接伝えてくれます。

人間の歯はちょっとした力でわずかに動くようにできており、1本でも抜けたままにすると顎の骨や歯並び、顔のバランスなどに影響を起こしかねません。歯の抜けた場所によっては、歯のない状態が人に見られそうだと気になって、人と会話することに抵抗を感じてしまうようになります。

インプラントを埋めることで、歯を気にせず会話ができるのはもちろん、顎の骨が痩せたり、歯並びが急激に悪化したり、顔が歪んだりするリスクを減らせるのです。

周囲の歯に対する侵襲が少ないのも、インプラントのメリット。たとえば固定できるものにブリッジという治療方法がありますが、ブリッジは失った歯の代用品を固定するために、両サイドの歯を削り、インプラントの人工歯根のように使います。健康で何の問題もない歯の表面を削り、人工物を被せることは、歯の寿命をいちじるしく縮める行為です。

インプラントは歯1本分から埋め込むことができ、周囲の歯を削ったり穴を開けて留め具として使用することはありません。しっかりと噛む力を実現しつつ、周囲の歯に負荷を与えない点は、インプラントならではのメリットです。

●インプラントのデメリット

顎骨に固定されてしっかりと噛むことができるメリットは、人によっては注意しなければならない点でもあります。ダイレクトに力が伝わるため、噛み締めるクセのある人は、相対する噛み合わせの歯をインプラントの歯で強く押さえつけて、傷つけてしまう可能性が考えられるのです。

また、インプラントのクラウン部分にも大きな力が加わるため、破損するリスクが生まれます。噛み合わせの歯やインプラントのクラウン部分が破損したら、割れたり欠けたりした部分から歯茎へ細菌が侵入する危険も出てきます。細菌が侵入すれば、インプラント周囲炎や歯周病といった細菌感染症を発症することもあり、軽視はできません。

インプラントそのもののデメリットとしては、外科手術を複数回受ける必要があることと、自費診療となるケースが多く、治療費が高くなる傾向にあることです。

インプラント(人工歯根)を埋める手術の他、一定期間を置いてから人工歯の部分となるクラウンをかぶせる手術を受けます。歯周病など他の問題がある方はそれらの施術や治療も事前に必要となるため、インプラント治療は治療期間が長くなってしまいます。

■ インプラント治療にかかる費用
インプラント治療のデメリットの一つでもある高い治療費は、1本あたり30~50万円程度が相場です。先天性疾患など一部の原因を除いて、インプラント治療は自費診療となり、満額支払うこととなります。

インプラント治療の費用は、大まかにまとめると以下のような項目の合計金額です。

・カウンセリング料・・・数万円(無料のところもあり)
・精密検査費用・・・15,000~50,000円程度
・インプラントの手術費用・・・100,000~385,000円程度
・上部構造(クラウン)・・・100,000~150,000円程度
・その他(抜歯・骨造成・麻酔代・定期メンテナンスなど)・・・別途その都度必要

インプラントは外科手術です。そのため歯科医院で親知らずを抜くように、気軽に行えるものではありません。

手術室や設備など、手術に必要な環境を整えなければならず、それらの費用も関係してインプラントの治療費は高額となりがちです。もちろん、医学的な知識や高い技術も求められるため、その他の歯科治療に比べても高い金額設定と言えます。

ちなみに、インプラントを埋める場所ごとに値段が変わる医院は少なく、前歯も奥歯も同じ金額で手術可能なケースが多いようです。部位ごとに値段が異なる場合は、傾向として治療難易度が高くなりやすい前歯のほうが治療費は高額となります。

高額治療であるインプラントを、可能なかぎり相場より安い値段で受けたいと思う方は多いでしょう。しかし、実際に治療申し込みをするときは十分に注意が必要です。

自由診療は歯科医院ごとに価格を設定できますが、実は価格表記の方法も自由という落とし穴があるのです。

「インプラント30万円」と表記されている歯科医院があった場合。これが麻酔代などインプラント全般にかかる費用の総額なのか、インプラントの手術費のみなのか問い合わせてみないことには分かりません。

一見すると安く感じる価格表記でも、内訳を見てみると別途請求される部分が多く、結局のところ相場より高くついてしまうという可能性があります。

インプラントを受ける歯科医院を価格基準で選ぶ場合は、料金表記の内訳や追加料金の有無をしっかりと確認し、総合的な金額で比較しましょう。

■ インプラント治療のトラブルと原因

インプラント治療後痛みや腫れが引かない男性

インプラントを怖いと感じる人が真っ先に思い浮かべるのは、インプラント絡みのトラブルではないでしょうか。しかし、そのトラブルの原因は歯科医師の技術や知識不足によるものが多く、正しい知識と豊富な経験症例を持つ歯科医院のもとで治療を受ければ、避けられるものばかり。

以下のとおり、インプラント治療のトラブルは以下のような原因があげられます。

・インプラントが骨から飛び出た・・・手術前の検査が不十分
・インプラントが抜けた・・・埋め入れする穴が大きかった
・痛みや腫れが引かない・・・歯性上顎洞炎など
・顎にしびれや麻痺がある・・・下歯槽神経を損傷した

骨の薄いところなどは、十分に位置確認をしておかなくては、インプラントが骨を突き抜けたり、術後に無理な力が加わってインプラントが抜け落ちたりしてしまいます。

インプラントを埋めるために顎骨へドリルで穴を開けますが、その際に生じた熱によって炎症や骨へのダメージが残ることがあります。腫れや痛みの原因となるため、あまりに手術後の腫れや痛みがひどい場合は、ドリルで穴を開けた際のオーバーヒート(骨の火傷)を疑ってみましょう。

下顎に違和感があるときは、しびれや麻痺の可能性も考えられます。下歯槽神経という大き目の神経が通っているため、インプラントが傷つけたり、圧迫することでしびれや麻痺を生んでいることも。

これらは歯科医師や病院側に原因があるトラブルばかりですが、他には患者側が原因となるトラブルもあります。間違った歯磨きが原因のインプラント周囲炎や歯茎の退縮が起こったり、細菌感染による膿が鼻や歯茎から出たりする症状などです。

トラブルを避けるには、検査を細かく行い、インプラントを埋める位置を3D画像で確認するなど、事前準備をしっかり行う歯科医師にインプラント手術を依頼しましょう。手術後は歯科医師の指導に従って毎日のケアと定期検診を忘れなければ、インプラント周囲炎などのリスクを減らせます。

■ まとめ
インプラントはトラブルが多そうで怖い、と思っている方は少なくないでしょう。しかし実際は、どの歯科医院でも起こっているわけではありません。

いい加減な手術をする未熟な歯科医師によって引き起こされたり、よく確認すると術後の患者によるセルフケアに原因がある場合も多いのです。

これらのトラブルを避けるためにも、術後のケアまでしっかり見てくれる、知識も技術も豊富な歯科医師を慎重に選びましょう。
インプラント治療の相談なら増田歯科へ

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください