インプラント後は口臭に注意!におう原因と対策

虫歯の心配がないインプラントですが、その他の口内トラブルには注意しなくてはなりません。

たとえば、口臭問題です。インプラント後に口臭が発生する原因と、対策方法についてご紹介します。

■ インプラント術後の口臭の原因とは?

インプラント術後の口臭が気になる女性

インプラントはチタンでできた人工歯根を顎骨に埋め、土台やクラウン(歯の部分)をのせます。そのため虫歯の心配がないのですが、だからといって口腔ケアを怠っては、さまざまなトラブルに悩まされることとなります。

そのうちのひとつが口臭です。インプラントをしてから口臭が気になるようになったという方は、次のような原因に心当たりはないでしょうか。

・磨き残し
・インプラント周囲炎

インプラントをした部分は、歯と歯ぐきの間の溝が深くなっています。自前の歯でもある程度の隙間はでき、そこに汚れが溜まることで歯周病などの原因になりやすいのですが、インプラントをした部分は、とくに注意しなければなりません。

歯と歯ぐきの間の溝や、歯の表面に溜まった汚れは細菌の固まりであるプラーク(歯垢)となり、やがて石灰化してこびりつく歯石となってしまいます。プラークや歯石は、細菌が増殖したり付着したりするため、放置すれば口臭の原因菌がどんどん増えていきます。

増えた細菌は硫化水素やメチルメルカプタンといったガスを発生させ、これらが不快な臭いを発し、口臭となるのです。

歯垢や歯石は、口をゆすぐ程度では除去できません。歯垢は歯ブラシでしっかりと擦り、歯石は歯科医院で除去してもらいましょう。歯の表面を磨くだけではなく、歯と歯ぐきの間の溝に入り込んだ汚れもかき出すような、正しい歯ブラシの使い方が必須です。フロスや歯間ブラシなども併用して、汚れが残らないようにしっかり歯磨きしましょう。

また、磨き残しは歯周病とよく似た症状『インプラント周囲炎』の原因にもなります。歯周炎は歯と歯ぐきの間で細菌が増殖し、口臭を生み出す有毒ガスなどによる刺激で歯ぐきが炎症を起こした状態です。

インプラントをすると、歯の周囲は歯根膜や栄養血管など本来あるはずの周辺組織がなくなることから、炎症への抵抗力が低下し、進行も早まります。抵抗力が低下したところで細菌によるダメージで炎症を起こし、なかなか治らないうちに慢性的な炎症からインプラント周囲炎へ発展します。

特にインプラントする原因(歯を失くした原因)が、虫歯や歯周病など不十分なケアによる症状だった場合、インプラント周囲炎には注意しなければなりません。インプラント周囲炎が進行すると、歯周病の人と同様に原因菌による口臭が発生します。

担当医の指導をよく聞き、定期的なメンテナンスはもちろん、日々のケア方法も見直してみましょう。

■ インプラントの口臭によるトラブル
磨き残しなど細菌が日常的に繁殖するような原因があると、インプラント周囲炎となってしまいます。細菌による口臭の悪化も引き起こすインプラント周囲炎は、他にもさまざまなトラブルの原因にもなっているやっかいな症状です。

たとえば、歯ぐきなどインプラントした部分の周囲で見るだけでも、以下のような症状やトラブルがあげられます。

・歯肉(歯ぐき)の腫れや出血
・歯ぐきの衰え(痩せる)
・インプラントと歯ぐきの間の溝が深くなる
・歯やインプラントの脱落

歯周病と同じく、インプラント周囲炎は細菌感染によって歯ぐきが炎症を起こしている状態です。そのため、腫れや出血などで気付くことがあります。

虫歯や知覚過敏のように痛みによる自覚症状がなく、かなり進行した段階で腫れや出血をきっかけに自覚するケースが多いのも特徴です。

炎症でダメージを負い続けた歯ぐきは、少しずつ痩せていき、段々と下がっていきます。インプラントと歯ぐきの間の溝が深くなったり、インプラントの人工歯根など本来は歯ぐきの中にあるはずの部位が露出したりすることも。

土台となる部位が露出すればインプラントを支える力も弱くなってしまいます。さらに進行すると骨の吸収が起こり、顎骨を溶かしてしまうため、顎骨に固定したインプラントの人工歯根ですら脱落することもあり得るのです。

さらに、歯ぐきが痩せたり骨まで溶けたりするほど進行すれば、インプラントと隣接する、せっかく残っていた自前の歯も脱落の危機にさらされます。

インプラントの周囲だけでもこれだけのリスクがあるインプラント周囲炎ですが、それだけではありません。口内に留まらず、場合によっては糖尿病や心臓病、動脈硬化や呼吸器疾患などの発症と、全身の健康にも影響を与えます。

これは歯ぐきなどの血管から増殖した細菌(インプラント周囲炎の原因菌)が血液とともに全身へめぐるためです。毎日の正しいケアでインプラント周囲炎を予防することは、全身の健康を守ることにもつながります。

■ インプラントの口臭を防ぐためには?

歯ブラシと、歯ブラシ以外のケアアイテム、フロス、歯間ブラシ

毎日呼吸をし、食事をする以上、口腔内を100%無菌状態にすることは不可能です。そのためインプラント周囲炎の原因菌を完全に取り除くことはできません。

しかし、インプラント手術を受けた方が全員インプラント周囲炎になるわけでもありません。担当医の指導をよく聞き、毎日きちんと予防をすればインプラント周囲炎はもちろん、それによる口臭問題も防ぐことが可能です。

口臭の原因でもあるインプラント周囲炎を予防するには、正しいデンタルケアが欠かせません。

・正しいブラッシング
・歯ブラシ以外のケアアイテムも併用

基本のケアの注意点は、この2点です。正しいブラッシングは歯の表面だけではなく、歯ブラシを歯に当てる角度を変え、歯と歯ぐきの間の汚れもかき出すように動かしましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシなど、歯ブラシ以外のケアアイテムも併用してください。歯の汚れの多くが歯と歯の間に溜まります。歯ブラシでは届きにくいため、デンタルフロスでしっかりとかき出す必要があるのです。歯と歯の間に隙間がある場合は、歯間ブラシなどを利用すると掃除しやすくなります。

磨き残しが起こりやすい奥歯の奥側や、噛み合わせる部分(歯の上部)の溝もしっかり磨いてください。通常の歯ブラシより先端が小さいワンタフトブラシを使うとピンポイントで汚れを落とせます。

家庭での日常的なケアの他は、定期的な検診やクリーニングを受けましょう。インプラントの調整をしてもらったり、インプラント周囲炎などトラブルが起こっていないか歯科医のチェックを受けると、早めにトラブルへ対処できます。噛み合わせチェックも受けておくと、顎骨の損傷予防にもなり、おすすめです。

歯科医院ではクリーニングも受けられます。磨き残した歯垢や自力では除去しにくい部分の汚れはもちろん、歯ブラシではビクともしない歯石の除去もできます。また、歯科衛生士に自分に合った歯ブラシの選び方や、歯磨きの正しい方法を教えてもらえます。
インプラント治療の相談なら増田歯科へ

歯科医院で歯の汚れをすっきり落としてもらい、家庭でもできるケア方法を学んできちんと実践すれば、インプラント周囲炎になるリスクを減らせます。「歯磨きの指導なら前回の検診でしてもらった」という方も、指導どおり磨けているか、磨き残ししやすい部位はどこかチェックしてもらいましょう。

これらのケアはインプラント周囲炎による口臭はもちろん、磨き残しによる口臭も予防することになるため、口臭が気になる方もぜひ実践してみてください。

■ まとめ
インプラントをしてから口臭が気になるようになった、という方は、正しいデンタルケアが行えているかどうかチェックしてみましょう。

自分では毎日きちんと歯磨きしているつもりでも、インプラント周辺の歯ぐきには細菌が残っているかもしれません。口臭だけではなく、最悪の場合インプラントそのものが脱落してしまう可能性もあるため、臭いが気になる方は早めに担当の歯科医へ相談してみてください。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください