オールオン4をした場合の毎日の歯磨きポイント!天然歯と同じ磨き方ではダメ!

オールオン4治療は、わずか4本のインプラントで最大12本の人工歯を入れることができる治療法なので、利便性の高さとコストパフォーマンスのよさから多くの患者さんに支持されています。
オールオン4はさらに、総入れ歯のときに必要だった清掃が不要なので、メンテナンスがしやすいメリットもあります。

しかし注意していただきたいことがあります。
それは、いくらメンテナンスがしやすくなったといっても、そのメンテナンスは正しくしっかり行っていただきたい、ということです。
オールオン4のメンテンナンスのなかでも、毎日の歯磨きは特に重要です。天然の歯があったときに「歯磨きが得意だった」という人でも、オールオン4のブラッシングが間違っていることもあります。
この機会に「オールオン4を入れた人の正しい歯磨き方法」を増田歯科と一緒に身につけましょう。

■ ワンタフト歯ブラシを使う

ワンタフト歯ブラシを使う

オールオン4を入れたのに、まだワンタフト歯ブラシを持っていない方は、すぐに購入してください。
ワンタフトは、毛先が極端に小さい形状の歯ブラシです。通常の歯ブラシのヘッドの面積は3センチ×1センチくらいありますが、ワンタフト歯ブラシのヘッドの面積は5ミリ×5ミリくらいしかありません。そのため、複雑な形状の入り組んだ箇所をピンポイントで磨くことができるのです。

オールオン4のメンテナンスでは、歯垢を完全に取り除くことが大切です。そのため、通常の歯ブラシだけでは不十分なのです。
しかし、通常の歯ブラシも必要です。通常の歯ブラシで歯の「面」を磨き、ワンタフト歯ブラシで歯の「点」を磨くイメージです。
ワンタフト歯ブラシは歯と歯肉の間の洗浄にも効果的です。

ワンタフト歯ブラシは、ドラッグストアやネット通販で簡単に購入できます。数本まとめ買いすることをおすすめします。

■ フロスや歯間ブラシやデンタルリンスを使う

通常の歯ブラシ、ワンタフト歯ブラシに加えて、フロスや歯間ブラシ、デンタルリンスも使いましょう。
フロスや歯間ブラシは、ワンタフト歯ブラシでも届かない場所の歯垢を取り除くことができます。歯垢を残しておくとそこに歯周病菌が溜まり、オールオン4にダメージを与えます。
そしてフロスや歯間ブラシでも届かない場所でも、液体のデンタルリンスなら届きます。

●通常の歯ブラシ
●ワンタフト歯ブラシ
●フロス
●歯間ブラシ
●デンタルリンス

この「5つの武器」でオールオン4を守りましょう。

■ 歯磨き頻度を増やそう。1日4回が理想

5つの武器を手に入れても、こまめに歯磨きしなければ宝の持ち腐れになってしまいます。
理想は1日4回です。
3食後に行うだけでは足りず、夕食から就寝までに時間が空いてしまったら、寝る前にもう1回磨きましょう。
もちろん「出し惜しみ」はなしです。4回ともすべて5つの武器を使ってしっかり磨いてください。

そうなると問題は会社勤めの方です。職場に歯磨きスペースがないと、ランチの後の歯ブラシがおろそかになりがちです。人がいない時間のトイレを使うなどして、なんとか歯磨きタイムを確保してください。
また、夕食で外食が多い営業パーソンは、歯ブラシやワンタフト歯ブラシなどを携行するようにしてください。

1回の歯磨きタイムが1、2分で終わっている方は、せめて3間は磨きましょう。おすすめはポップ音楽をかけながら歯磨きすることです。ポップ音楽は3~4分で終わることが多いので、歯磨きタイムにちょうどよく飽きずにブラッシングできます。

■ 歯石をつくらないようにしましょう

歯石をつくらないようにしましょう

歯垢は食べかすです。歯垢を放置すると石のように固くなります。それが歯石です。
歯石ができていたら、二重に危機感を持ってください。歯石は「正しい歯磨きができていないサイン」であり、「歯周菌が繁殖しているサイン」でもあるのです。
いずれのサインもオールオン4を危険にさらしていることになります。歯石ができている人は歯磨き方法を今一度見直しましょう。

■ 正しい歯ブラシをする目的は「インプラント周囲炎」予防

さて、ここまでの解説を読んで「面倒臭い」と感じた方もいらっしゃるでしょう。オールオン4を入れた方に、なぜここまで歯磨きを徹底していただきたいかというと、オールオン4の大敵である「インプラント周囲炎」を予防してほしいからです。

インプラント周囲炎と聞くと、インプラントの周りが炎症するだけ、と感じるかもしれませんが、それだけでは済まないのです。
インプラント周囲炎は、オールオン4を含む「インプラントの歯周病」と考えてください。
しかもインプラント周囲炎は、天然歯の歯周病より早く進行します。天然の歯の歯周病より最大20倍の速度で悪化するという研究結果もあります。

歯周病の終着駅は天然歯が抜けることであることはよく知られています。
それと同じように、インプラント周囲炎が悪化するとオールオン4を支えているインプラントが脱落してしまいます。
インプラント周囲炎は、インプラントを支えている顎の骨「歯槽骨」を溶かしてしまうからです。

■ まとめ~セルフケアだけでは不十分。プロケアも活用しよう

オールオン4を入れている方は、5つの武器を使って毎日4回歯磨きをするとともに、定期的に歯科クリニックで歯医者のケアを受けてください。
オールオン4には、自宅でのセルフケアに加えて、歯医者によるプロケアが欠かせないからです。またプロケアを受けるとセルフケアの欠点も見つかります。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください