門真市出身の歌人 俵万智の作品の魅力は?サラダが歯にしみたら虫歯と知覚過敏どちらを疑うべき?

「俵万智」氏は、様々な文学作品を世に輩出してきた門真市出身の歌人です。作品を読んで、短歌を好きになったという方もいるのではないでしょうか。サラダという身近なものを題名に使用した作品は、多くの方に読まれています。サラダといえば、食べたときに歯がしみた経験がある方もいるのではないでしょうか。ここでは、俵万智氏の作品の魅力とサラダが歯にしみる場合に疑われる病気についてご紹介します。

■ 歌人俵万智氏の魅力とは

歌人俵万智氏の魅力とは

門真市出身の歌人、俵万智氏は、「サラダ」という洋風な言葉を使用した題名の作品や、有名な出版社の短歌賞を受賞した季節をテーマにした作品など、様々な名作を世に輩出してきました。

サラダを題名に使用した作品は、「いつもの料理の味つけを変えたら褒められたため、その日が記念日になったと思った」ことがきっかけで作られたそうです。短歌に難しいイメージを持つために、なかなか読む気になれないという方にもおすすめできる柔らかい雰囲気を持つ短歌です。

■ サラダで歯がしみる?
俵万智氏の作品でも扱われている「サラダ」を食べて、歯がしみたという方もいるのではないでしょうか。これは、サラダそのものに歯を痛くする原因があるのではなく、「冷たさ」によって起きたものだと考えられます。

冷たいものが歯にしみる場合は、知覚過敏を疑いがちです。確かに、知覚過敏の場合は冷たいものを食べたときに歯がしみることがありますが、虫歯でも同じ症状が起きることがあるのです。知覚過敏と虫歯は進行する病気です。虫歯でなければ、放置してもいいというのも間違いですので、症状がある場合は必ず歯科医院を受診しましょう。

■ 虫歯と知覚過敏の症状には共通点がある
食べ物を噛んだときに痛みがでた場合には、歯を食いしばった状態で歯を軽く叩きましょう。痛みを感じた場合は、知覚過敏や虫歯、歯の神経が炎症を起こしている可能性があります。また、甘いものを食べたときにも痛むから虫歯だと思いがちですが、知覚過敏でも痛むことがあるため注意が必要です。

虫歯は進行すると症状がひどくなりますが、これは知覚過敏も同じです。そのため、痛みやしみるなどの症状の進行状況から、虫歯と知覚過敏を見分けることはできません。

■ 虫歯と知覚過敏の見分け方

虫歯と知覚過敏の見分け方

痛みの持続性、見た目、痛みは強くなっていくかなどをチェックすることで、虫歯と知覚過敏を見分けられます。ただし、自己判断は禁物なので、どちらが原因か予測できたとしても、歯科医院は受診することが大切です。それでは、虫歯と知覚過敏の見分け方を詳しくご紹介します。

●痛みの持続性
知覚過敏は、冷たいものを食べたときにだけ痛みます。つまり、サラダを食べているときは痛み、食べるのをやめると痛みがなくなるのです。それに対して虫歯は、食べるのをやめても数十秒以上も痛みが持続します。

●歯の見た目
知覚過敏は、何らかの原因で歯茎が下がり、歯の根が露出することによって引き起こされます。歯の根に冷たい刺激などが加わると、歯がしみるのです。そのため、他の歯と比べて長く見えることがあります。

それに対して虫歯では、歯に黒い穴が開いていたり、シミがついていたりします。また、黄色や茶色に変色している場合も虫歯が疑われます。さらに、このような症状を確認できなくても、歯の内部で虫歯が進行している可能性もあるため、痛みやしみるなどの症状がある場合は放置しないことが大切です。

■ 知覚過敏の治療法
知覚過敏の治療法には、薬を塗る方法や歯の神経を抜いてしまう方法、レーザーを照射する方法などがあります。

●薬を塗る
硝酸カリウムや乳酸アルミニウムなどの薬物を、知覚過敏になっている歯に塗ります。硝酸カリウムには、麻酔のような効果によって痛みを抑える働きがあります。乳酸アルミニウムは、歯の神経へと痛みを伝える象牙細管を塞ぎ、痛みの発生を抑える薬です。

●神経を抜く
歯の神経が痛みを感じとるため、知覚過敏の症状が強い場合には神経を抜くことを検討します。歯の神経を抜いてしまえば、知覚過敏で痛みを感じることはほとんどなくなるでしょう。ただし、神経を抜くときは周りの細かい血管まで取り除くことになるため、歯への栄養の供給が滞り、歯の寿命が短くなります。

その他、神経を取った後に残った空間に細菌感染が起こる可能性があることや、歯が褐色になりやすいこともデメリットです。

●レーザー治療
レーザー治療では、CO2レーザーなどを用いて象牙細管を塞ぎ、歯の神経に刺激が伝わらないようにします。治療時には、少しのピリピリやチクチクとした刺激を感じます。

■ 虫歯の治療法

虫歯の治療法

虫歯の治療法は、進行状況で変わります。虫歯の部分を削って詰め物をする方法で済む場合もあれば、神経を取り除くことになる場合もあります。できるだけ早い段階で治療を受けることが大切です。それが、通院の手間や費用を抑えることに繋がります。

■ まとめ
痛みやしみるなどの症状が現れた場合は、必ず歯科医院を受診しましょう。知覚過敏だと思っていても虫歯の場合があります。どれだけ知覚過敏の症状に近くても、虫歯と合併している可能性もあるので、自己判断はしないことが大切です。増田歯科では、虫歯や知覚過敏の治療を行っております。また、症状を抑えるための食事のアドバイスや予防法などについてもお伝えしておりますので、知覚過敏や虫歯で生活に支障をきたさないためにも一度ご相談ください。
増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください