門真市民のみんなが大好きな「業平煎餅」を食べて歯が欠けた!歯が欠けたときの応急処置方法は?

門真市にある手焼き煎餅専門店「なりひら」の業平煎餅は、多くの門真市民から愛されています。とても美味しいのですが、食べていると歯が折れそうな感覚になる方もいます。人によっては、歯が欠けてしまう方もいるようです。歯が欠けた場合には、どのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、業平煎餅の魅力と、歯が欠けたときの応急処置について詳しくご紹介します。

■ 業平煎餅の魅力とは?

業平煎餅の魅力とは?

業平煎餅は、手焼き煎餅専門店「なりひら」で販売されている煎餅で、炭火で1枚ずつ丁寧に焼いて作られています。焼きあがると、すぐに生醤油を刷毛で塗るため、醤油の香り豊かな煎餅に仕上がります。店舗では、焼き立ての業平煎餅を食べることができるので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■ 煎餅を食べると歯が欠けることがある

業平煎餅には厚焼きと薄焼きがあります。薄焼きはサクッとした歯ごたえなのですが、厚焼きは少し硬めになっています。このように硬い煎餅を食べると、歯が欠けることがあるため注意が必要です。しかし、歯が欠ける前兆はないため、欠けたときに正しく応急処置できるかどうかが大切と言えるでしょう。

■ 歯が欠けやすくなる要因

健康な歯であれば、煎餅を食べたぐらいで欠けることはほとんどありません。しかし、虫歯によって歯が溶かされていると欠けやすくなります。また、日ごろから歯ぎしりや食いしばりなどの癖があると、歯が摩耗して脆くなっているため、煎餅を噛むことで歯が欠けることがあります。

欠けた歯以外にも問題が起きている可能性があるので、他の歯も診てもらった方がよいでしょう。問題がなかったとしても定期的に健診を受けて、虫歯や歯周病、歯ぎしり、食いしばり、不正咬合などの問題を早期発見することが大切です。

■ 歯が欠けたときの応急処置

歯が欠けたときの応急処置

歯が欠けたのをそのままにしてはいけません。次のように応急処置をしましょう。

●歯の欠片を保管する
歯が欠けた場合、欠片を探して保管しましょう。歯の状態によっては、くっつけることができます。歯の欠片は、生理食塩水に浸して保管するのが理想です。生理食塩水がない場合は、牛乳に浸してもよいでしょう。牛乳もない場合は、短時間に限り口の中に保管できます。

●痛みがある場合は鎮痛薬を使う
歯が欠けたときに歯の根本に大きな負担がかかると、痛みが現れることがあります。我慢せずに鎮痛薬を飲んで痛みを和らげましょう。

■ 歯が欠けたときの対処で注意すべきこと

歯が欠けたときには、正しく対処しなければなりません。間違った対処は歯の状態を悪化させる恐れがあります。対処の際には、次のようなことに注意しましょう。

●欠けたところには触らない
歯が欠けたところが気になって触ってしまうと、手についている雑菌によって炎症を起こす可能性があります。また、歯が欠けたときには歯の根本にも負担がかかっているため、繰り返し触ると歯がグラついてしまうことも考えられるでしょう。

●自己流の処置はしない
歯が欠けたところにガムなどを詰めたり、間違った方法で消毒したりすると、症状が悪化する可能性があります。歯が欠けたら、応急処置をしてから必ず歯科医院を受診しましょう。

■ 歯が欠けた場合の治療法

歯が欠けた場合の治療法

歯が欠けた場合の治療法は、どれぐらい破損しているかで異なります。次のように治療します。

●小さく欠けた
歯が欠けて鋭利になっている場合には、削ってから白いプラスチックを詰めます。

●大きく欠けた
歯の欠片の保管状態が良好な場合は、歯科用接着剤で修復できます。難しい場合には、鋭利な部分を削ったうえで歯型をとり、それを元に作った被せもので処置をします。

●神経が露出している
歯の表面を覆うエナメル質と歯の内部にある象牙質が欠けた場合、神経が露出してしまいます。そうすると、痛みを感じるようになるため、虫歯が神経に達した場合と同じような処置が必要となります。神経とその周りの組織を取り除き、神経が入っていたところに薬を詰めます。そして、歯型をとって被せものを装着します。

●脱臼している
歯が歯茎の中に埋まったり横に動いたりしている状態を「脱臼」といいます。この場合は、神経や歯の土台などの状態をレントゲンで調べます。問題がない場合は、歯を両隣の歯と接着させて正しい位置に固定し、そのまま経過観察します。

神経が大きく損傷している場合には、神経が露出しているケースと同じく神経を取り除く処置が必要です。また、歯がグラついている場合には抜歯を検討します。抜歯した場合には、歯の土台に金属の歯根を埋め込み、人工の歯を被せるインプラント、入れ歯などの手段で口腔機能を取り戻します。

■ まとめ

業平煎餅は、門真市民に愛される昔ながらの煎餅です。煎餅を食べて歯が欠けた場合は、欠片を適切に保管して、すぐに歯科医院を受診しましょう。増田歯科では、欠けた歯をくっつけられるように、できる限りの処置をしております。歯が欠けた際には、ご来院ください。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください