アレルギーがあると治療できない?インプラント前に知りたいアレルギーのリスク

インプラント治療において、特に気を付けなければいけないのが金属アレルギーです。ネックレスやピアスなどで肌が荒れるなどのアレルギー症状が出てしまう方はもちろん、これまで特にアレルギーを感じたことはないという方も、インプラント治療前にアレルギーのリスクについて増田歯科がご説明します。

■ インプラントと金属アレルギー

インプラントと金属アレルギー

インプラント治療ではほとんどの場合、顎の骨に埋める人工歯根に金属であるチタン製のものを使用します。チタン自体はアレルギーを起こしにくい素材として医療現場でよく活用されており、人工関節やペースメーカー、アレルギー対策用のピアスなどでも使われています。チタンはとても軽い金属でありながら強度も高く、さらに錆びにくいという特徴と、インプラント治療には欠かせない骨との結合のしやすさという観点から、インプラント治療において主流となっている素材です。
アレルギーを起こしにくいとされるチタンですが、とはいえ金属であることには変わりないので、ごく一部の方はアレルギー症状が出てしまうことがあります。症状の程度は人により異なりますが、口周りが炎症する場合や全身の炎症を引き起こす場合もあります。

■ インプラントの金属アレルギーで引き起こされる症状

インプラントが原因の金属アレルギーは、口周りだけではなく全身において炎症を引き起こすことがあります。

●口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)
舌や唇、頬の内側や歯茎などに乳白色のレース状のものが現れたり、炎症を起こすもので、難治性の慢性炎症性疾患です。口を開ける際に違和感を感じたり、刺激のあるものにしみたり、擦れて痛みを感じたりします。

●掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
膿が溜まった「膿疱」というものが、手のひらや足の裏に大量に発生します。初期症状としてはかゆみが一般的です。治ったり悪化したりを繰り返すことが多い症状です。
他にも、アトピー性皮膚炎や湿疹などの全身の炎症を引き起こす場合があり、口内だけでは収まらない、少々怖いものであることがお分かりいただけると思います。

■ どうして金属アレルギーになるの?

インプラント治療において金属アレルギーを引き起こしてしまう原因は、口内に埋め込んだ金属が溶け出し金属イオンとして流れてしまうからです。溶け出しただけではアレルギー反応は起こりませんが、金属イオンと体内のタンパク質が結びつくと、身体が「異物」であると認識してしまい、排除しようとしてアレルギー反応を起こします。特に口内は、噛みしめなどによる刺激で金属がすり減ってしまったり、常に唾液に触れていたり、歯垢がついていたりと金属イオンが発生しやすい環境にあり、金属アレルギーを起こしやすいと言われています。また、アクセサリー等の金属アレルギーであればそのものを取り外しさえすればアレルギー症状は治まりますが、インプラントの場合は骨に埋め込んでいるので簡単に取り外すことが難しく、金属がより多く流れ出してしまうため、金属アレルギーには十分な注意が必要です。

■ インプラント(人工歯根)以外にも気を付けよう

インプラント(人工歯根)以外にも気を付けよう

顎の骨に埋め込むインプラント(人工歯根)部分ばかりを考えがちですが、人工歯となる被せものの部分についても気を付けておきましょう。インプラント治療では、虫歯治療などのように被せものの素材を自由に選択することができます。アレルギー対策として非金属であるセラミック製の被せものを選んだとしても、その裏側に金属が使用されていることがあり、その場合はもちろん金属アレルギーを引き起こす可能性がでてきます。金属を使用していないセラミック製のものや、金属アレルギーがほとんどないと言われるゴールド製のものを選ぶなど、インプラント(人工歯根)以外の素材もしっかりと検討しましょう。

■ アレルギーかどうかは治療前にわかるもの?

金属アレルギーの自覚がある方は、インプラント治療でアレルギーを引き起こさないかとても心配ですよね。また、これまでアレルギー症状がなかった方でも、実は金属アレルギーだったというケースも考えられます。治療を開始して症状が現れてから気が付いては遅いので、治療前にアレルギーがあるのか確認しておきたいですね。
治療前にアレルギーかどうか確認する方法として、パッチテストや採血でのアレルギー検査があります。インプラント治療を検討する際に歯科医院で受けられる場合もありますし、皮膚科などでも検査が可能です。パッチテストでは、検査用の薬を皮膚に塗り、数日後の反応でアレルギーがあるかどうかを調べます。パッチテストは様々な種類の金属に対してアレルギー反応があるか確認できるので、これまでにネックレスやピアスなどのアクセサリーでは症状がなかったという方でも、もしかすると反応が現れるかもしれません。
アレルギーは、「知らない間に発症していた!」ということが多くあるものなので、これまでアレルギーとは全く無縁だったという方も、万が一の時を考えてアレルギー検査をしておいた方が良いでしょう。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください