歯が一本も無い状態でもインプラント治療できる?

歯が無いというのは、とても辛いことですよね。人生においてとても重要な「食べる」ということに制限がかかってしまうのは、肉体的なことだけでなく精神的にも良くない影響を与えてしまいます。失った歯を補う方法としてインプラント治療があります。それでは、事故や虫歯などで、歯をすべて失ってしまったとしたら…そんな状態でもインプラントはできるのでしょうか?増田歯科と一緒に見ていきましょう。

■ そもそもインプラントとは?

そもそもインプラントとは?

インプラントというのは、人口の歯根を顎の骨に埋め込んで、人口の歯を装着するものです。見た目は、自然の歯以上に美しい仕上がりとなります。もちろん、かみ心地も良く、しっかりと食べる楽しみを味わえるのではないでしょうか。構造としては、顎の骨に埋め込むインプラント体、これは骨折治療で使用されるボルトなどと同じものになります。そして、その上に装着されるのがアパットメントというインプラントと人口の歯を連結するものになっています。人口の歯に、セラミックをかぶせてしまえば真っ白な歯を手に入れることが可能です。

■ こんな場合でもインプラントは可能か?

歯が1本も無い状態でもインプラント治療をおこなうことはできます!しかし、顎の骨量が不足しているとインプラントの治療が出来ないこともあります。ただその場合には、骨を作る手術を行うことで、インプラントを埋め込む治療が可能になる場合もあります。また、糖尿病などにかかっていると、術後の傷の治りが悪くなって感染症にかかる危険性があります。心疾患の重い方や、安定していない方も難しいかもしれません。まずは歯医者さんで診察を受けて、適切な治療を行っていきましょう。

■ 入れ歯やブリッジとの比較

入れ歯やブリッジとの比較

ブリッジとは、失った歯のあった部分の左右の健康な歯を柱にして、橋を架けるように人口の歯を入れるものです。しかし、歯が1本もない状態では不可能でしょう。入れ歯は、セラミック、またはアクリル樹脂で出来た被せものです。見た目には綺麗に見えますが、やはり違和感があり、咀嚼する能力は低いでしょう。その点、インプラントでしたら、健康な歯と同じように咀嚼することが出来るのです。

■ インプラントだと良く噛める!

インプラントというのは、チタン製の金属が使用されています。チタンというのは骨と強く結合しやすいという性質があるので、グラグラになってしまったり、外れたりすることがありません。そのため、自分の歯のようにものを噛むことが出来ます!
よく噛むことができるインプラントを長く持たせるためには、毎日のケアがとても大切です。歯医者さんで受けた指導をしっかりと守り、歯磨きを行ってください。そして、装着後から、1カ月、3カ月、6カ月、1年後、その後は1年に1度の診察を必ず受けましょう。


増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください