前歯の差し歯をセラミックにしたい!オールセラミックとメタルボンドの違いはなに?

歯医者で、むし歯の治療で詰めたり差し歯をつけたりした経験はありますか?
現在の歯科治療では、むし歯になった歯に対してコンポジットレジンとよばれるプラスチックや金属、セラミックなどを用いた修復治療が行われます。
小さなむし歯であれば、削ってコンポジットレジンを詰めて終わることもできますが、歯冠の大部分がむし歯になった歯や、外傷などで欠けてしまった歯に対しては、いわゆる差し歯ともよばれる被せものを用いた修復治療が行われます。
外見に影響する前歯の被せものですから、自然な仕上がりの白い被せものにしたいものです。
自然な仕上がりにするならセラミックで作られた被せものがオススメです。セラミックで作られた被せものにはどんなものがあり、どのような特徴があるのでしょうか。増田歯科と一緒に見ていきましょう。

■ セラミックの特徴

セラミックの特徴

セラミックは、日本語で陶材と訳されている歯科材料の一種です。セラミックを使った被せものの仕上がりは、歯の色に似た美しい白色で、しかも強度も十分あることから、審美性を要求される前歯だけでなく、奥歯の修復治療にも使われています。
保険診療でよく用いられるコンポジットレジンは時間の経過とともに変色したり、擦り減って形がゆがんだりしてしまいます。前歯部にはコンポジットレジンを用いた被せものを用いることが認められていますが、これも同じく、経年的に色が変色したり、縁の部分から擦り減って形が変わってきたりします。
一方、セラミックでは、年数が経過しても変色したり、擦り減ったりすることはありません。セラミックを使った被せものは、いつまでもきれいな白い色で、形も変化せずそのままを保っているという特徴があります。
ただし、とても硬いので、強い衝撃を受けた時などに欠けてしまうことがあります。そこでセラミックの内面を金属などで補強して欠けたり、割れたりしにくくしています。

■ オールセラミックってなに?

オールセラミックとは、セラミックのみを使った被せもののことです。歯の色に合わせた白いセラミックで歯冠部分の全体を覆います。
セラミックは、とても硬いのですが、衝撃を受けた場合に弱く、割れやすいという性質があるため、セラミックだけで被せものを作ると、強度の点に問題があり、破損する可能性があります。
そのために、オールセラミックの内面をジルコニアという材料で補強する方法が開発されました。
ジルコニアとは、人工ダイヤモンドともよばれる非常に強度の高いセラミックのことです。
強度が非常に高いだけでなく、ジルコニアには光を透過する性質があり、本物の歯のような透明感のある自然な白色を再現することができます。
しかも、オールセラミックは金属材料を全く使わないので、金属アレルギーがあっても安全に治療することができます。
安全性も高く、仕上がりもとても自然で美しい被せもの、それがオールセラミックなのです。

■ メタルボンドってなに?

メタルボンドってなに?

メタルボンドとは、陶材焼付鋳造冠ともよばれる被せものです。メタルボンドもセラミックを使った被せものですが、オールセラミックとは異なり、内面を金属で補強しています。
メタルボンドの表面は金属が露出することはなく、全面がセラミックなのですが、裏側の縁の部分に金属が一部露出します。金属が露出するといっても、裏面なので見えることはまずなく、審美的には影響しません。
ジルコニアは、透明感がある上に強度も優れたセラミックですが、ジルコニアの材料そのものが高価な上に、その利点である強度が硬いがために加工が難しく、それも相まってオールセラミックのコストを引き上げる要因にもなっています。
メタルボンドは、ジルコニアの代わりに金属を使うことによってコストを低く抑え、オールセラミックより費用が低めになっています。
もちろんセラミックを使っていることには変わりがないので、メタルボンドもオールセラミックと同じように、差し歯を自然な白さに仕上げることができます。
メタルボンドのデメリットととしては、金属アレルギーとの関係が挙げられます。
もし、金属アレルギーがある場合、メタルボンドに対してアレルギー反応を引き起こす可能性があります。メタルボンドを装着する前に、あらかじめ使用する金属にアレルギー反応を引き起こさないかどうかを調べておかなければなりません。

■ オールセラミックとメタルボンドの違い

オールセラミックは、被せものがすべてセラミックでできていますが、メタルボンドは内面が金属になっています。
仕上がりは、オールセラミックの内面に用いるジルコニアに光を透過する性質があるので、メタルボンドよりもより自然な仕上がりになります。
オールセラミックは高価なジルコニアを内面に適応しているので、高額な被せものになりますが、メタルボンドは金属を用いることで、オールセラミックよりはコストを抑えています。
オールセラミックは、金属を使わないので金属アレルギーがあっても安全ですが、メタルボンドはそうではありません。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください