知らなきゃ損する!オールセラミックは医療費控除の対象になる!

オールセラミックを検討している場合、仕上がりの美しさはとても魅力的ですがその費用が高くつくので諦めることがあるかもしれません。歯科治療では、金属で治療した場合は保険診療となりますが、セラミックの場合は自費診療となります。オールセラミックのその耐久性や審美性を考えると治療における費用が無駄になるということはないといえますが、何万円もするとなると気がひけてしまうかもしれませんね。しかし、オールセラミックは医療費控除の対象になるということをご存知でしょうか?美容目的ではなく、生活に必要な歯の機能を補う治療であれば医療費控除をうけることができるのです。

■ 医療費控除について

医療費控除について

医療費控除とは、自分や家族の1年間に支払った医療費(歯科に限らず)が10万円以上の場合、税金の控除をうけることができる制度です。実際に治療に支払った金額だけでなく、病院までの交通費も対象になります。控除をうけるためには、自分で確定申告を行う必要があるので、関係する領収書はきちんと保管しておかなければなりません。面倒になるかもしれませんが、きちんと確定申告を行えば支払う税金が安くなりますよ。

■ 対象となる条件

美容目的ではなく、生活に必要な歯の機能を補う治療であれば医療費控除をうけることができます。歯科治療の対象条件は国税庁により定められていますが、ポイントは、「生活に必要度の高いもの」ということです。例えば、子供の成長を妨げないように歯列矯正をすることや、食生活に影響を与えるほど多くの歯を失ってしまった場合の治療などです。オールセラミックの場合なら、食事や運動に悪影響にならないように歯並びを整える目的など、ほとんどの症例が対象になります。著しく高額な場合や美容のみを目的とする場合は対象外になりますが、この判断は歯医者さんに相談すると良いでしょう。

■ 知らなきゃ損する!

知らなきゃ損する!

オールセラミックの治療は、1本10万円以上することもあります。本数が増えればかなり高額になってしまうので決して手軽にできるものではないでしょう。歯科治療は保険診療内で検討することが多いかもしれませんが、自費診療となっても確定申告をすることで税金が安くなることがあります。治療法を決めるにあたって、事前にきちんと丁寧に説明をしてくれたり、見積もりをもらえる増田歯科を選ぶと安心でしょう。保険診療での治療法はメリットもありますが、長期的に見ると必ずしも得であるとは言えないこともあるのです。


増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください