インプラントで歯茎が下がるってホント?正しいインプラントケアの方法!

みなさんはインプラントについてどこまでご存知でしょうか?インプラントは、他の歯を削らなくても装着できる、入れ歯のように金具が見えない、などといった利点だけで選びがちですが、果たしてそれで良いのでしょうか?
インプラントは装着後のケアが重要となり、それを怠ると歯茎にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。
そこで今回は、インプラントをつけることで生じる歯茎へのリスクと、インプラントの適切なケア方法を紹介したいと思います。

■ そもそもインプラントってなに?

そもそもインプラントってなに?

「近所の歯科の前を通るとインプラントっていう言葉をよく目にするけど、実際どういうものなのかよくわからない」と言う方は多いと思います。
そこで、インプラントとはどういうものなのか初めに説明したいと思います。
まず、「インプラントって差し歯をかっこよく言っただけじゃないの?」というイメージを思っている方は少なくないです。しかし、差し歯とインプラントは全く異なる治療法です。
差し歯は、欠けた歯の上の部分に金属やプラスチックなどで作られた土台を入れて、その上に差し歯を付ける治療法です。
次にインプラントについて説明します。インプラントとは、歯が抜けた部分にチタンで作られたインプラント体という、歯の根っこの代わりになるネジのようなものを顎の骨に埋め込みます。それを人工の歯の根っことして、その上から人工の歯をはめ込む治療法のことです。

■ インプラントをすると歯茎が下がる原因とは?

「インプラント周囲炎」という症状が、歯茎が下がる主な理由として考えられます。
インプラント周囲炎とは、インプラントの歯周病と言われているように、インプラントを入れ歯茎周辺に生じる歯周病のことです。
歯磨きで洗い落とせなかった細菌が、歯茎に感染することが原因と言われています。また、主な症状は歯茎の痛みや炎症、歯茎が下がるなどが挙げられます。
インプラント周囲炎と普通の歯周病は原因も症状も全く一緒ですが、大きく違う点が2つあります。それは、「感染の気づきにくさ」と「感染の速さ」です。
まず、感染の気づきにくさから説明します。
インプラントは人工の歯です。そのため、炎症や出血がしにくく、歯茎の痛みを感じないため、初期段階では症状に気付きにくいです。そして、症状に気付いた時には、症状がかなり進行している場合が多くあります。
次に、感染の速さです。
インプラントは天然の歯ではないので、インプラント周辺の歯茎は血の流れが悪くなります。そのため、雑菌への抵抗力が弱くなってしまうので、インプラント周囲炎になりやすいのです。
毎日丁寧に歯磨きしていても、簡単にインプラント周囲炎になる人は多くいます。現在インプラントをしている多くの人がインプラント周囲炎に悩まされているのです。インプラント周囲炎はインプラントをするうえで一番のデメリットと言えます。
また上述したように、インプラントは天然の歯と違い血液が歯茎に上手く行き渡りません。その結果、歯茎が張りを失い下がってしまうことがあります。
このことも、インプラントをすると歯茎が下がってしまう原因に挙げられます。

■ 正しいインプラントのケア方法とは?

正しいインプラントのケア方法とは?

毎日丁寧に歯磨きをしていてもインプラント周囲炎になってしまう可能性があります。そのため、適切なインプラントケアの方法を覚える必要があります。ここでは適切なインプラントケアの方法を説明します。
まずは、歯ブラシでのブラッシングのやり方です。インプラントと歯茎の間、周辺の歯との間、噛み合わせる表面部分などは汚れがたまりやすく、インプラント周囲炎を引き起こす原因になる場所なので、特に意識して磨くようにしましょう。その際、気を付けてほしいのが、ちゃんと磨こうと意識するあまり、力まかせにゴシゴシ磨いてしまうことです。強引なブラッシングはインプラントを傷つけてしまう恐れがあります。撫でるようなブラッシングでも十分汚れは落ちるので、優しく磨いてあげましょう。
次に、インプラントケアには欠かせない「デンタルフロス」を使うことです。デンタルフロスは歯間ブラシよりも細い歯ブラシのことで、歯間ブラシでは届かない汚れも落とせます。インプラントと歯茎の間など、歯ブラシや歯間ブラシで磨けない部分をケアできるので、デンタルフロスはインプラントのケアにおいて必要不可欠なアイテムです。
歯茎が下がってしまうと、インプラント体が見えてしまい、見た目の印象がとても悪くなってしまいます。インプラント治療は安くありません。せっかくインプラントにしても日ごろのケアをちゃんと行わないと、せっかく高いお金を払ったのに、悪影響を与える産物になってしまう可能性があります。
インプラントは人口の歯なので虫歯になることはありません。そのため、つい歯磨きを雑にしがちです。しかし、その余裕がインプラント周囲炎に繋がってしまいます。
インプラント治療を始める際は、増田歯科に適切なケア方法を詳しく説明してもらうことをオススメします。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください