前歯のインプラントの難しさについて

インプラントは、誰でもどの歯にも適用できるというものではなく、顎の骨や歯茎の状態によっては、できない場合もあります。特に前歯のインプラントについては、難しいと言われているのをご存知でしょうか。そこで今回は、前歯のインプラントについてお話しいたします。

■ 前歯と他の歯のインプラントの違いって?

前歯と他の歯のインプラントの違いって?

インプラントは前歯、奥歯どこでも出来るように思えますが、条件として土台となるネジを埋め込める環境が必要です。前歯は、人間の口腔内の顎の骨の構造上で、他の歯に比べてネジを埋め込むだけの厚さが足りないと言われています。ですので、前歯にインプラント治療を行いたい場合は、事前に精密な検査や顎の厚みを形成する手術などを行うことになります。そのため、歯科医師の高い技術力を必要とする最も難易度の高い部分といえます。

■ 前歯のインプラントが難しい理由

前歯のインプラントは、他の歯に比べて、骨や歯茎が薄いためネジを埋め込んでもすぐに抜ける可能性が高くなってしまいます。また、前歯のインプラント治療を行う場合は、ネジを埋め込むための顎の手術や精密な検査が必要となります。それだけではなく、前歯はとても目立つ場所ですので、審美性を保つために高い技術力が必要です。歯や骨の状態が適していない程、手術回数が増え、治療期間が延びてしまうので、歯科医師と患者さんの両方ともに大きな負担となり、失敗のリスクが高くなりなってしまいます。
インプラントを扱う歯科医院でも技術力と経験不足から前歯のインプラントは行っていないこともあり、治療できる歯医者さんを探すのも大変です。

■ 前歯のインプラントについてきちんと知る

前歯のインプラントについてきちんと知る

上記のように、前歯のインプラントはとても難しい治療になります。十分な説明もなく誤った手術をされてしまった、予想以上に高額な治療になってしまった、などのトラブルにならないためにも、事前に自分の歯の状態と起こりうる問題をとしっかりと理解しておくことが大切です。また、一部の保証を除けば、耐用年数より早く取れてしまったり、痛みや歯周病などのトラブルが起きてしまった場合は、自己負担となってしまうこともあります。
そのため、前歯インプラントの難しさを知ったうえで、しっかり情報収集し、実績のある評判のよい歯科医院や認定を持つ歯科医師を探すことをおすすめします。また、費用や治療期間がどのぐらいかかるのか、治療前の事前説明で自分に合っているか、納得のいく治療を受けられるかなど長期的な視点で判断するとよいですね。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください