歯科医の悩みも解決してくれたマイクロスコープを使った治療の確実性

最大30倍まで拡大することで、精密で確実な歯科治療が可能になる、マイクロスコープ。実は、導入することで患者さんの歯の悩みだけでなく、歯科医の悩みまで解決してしまうのです。

■ 歯科治療で起きる「わずかな隙間」が長年歯医者さんを悩ませてきた!

歯科治療で起きる「わずかな隙間」が長年歯医者さんを悩ませてきた!

従来からの歯科医療では、肉眼に頼り、歯科医の経験やワザに頼って治療を進めるしかありませんでした。マイクロスコープなしで治療した場合、肉眼では確認できないほんのごくわずかな隙間から虫歯菌が侵入し、せっかく作った詰め物やかぶせものが数年でだめになってしまうことがありました。
しかし、マイクロスコープを使えば、肉眼では見えないわずかな隙間もとらえることができるので、より歯にフィットした詰め物やかぶせものを作ることができ、精密な治療が行えるので、虫歯の再発リスクも下がります。こうして、マイクロスコープは、歯医者さんが長年抱えてきた悩みも解決したのです。
肉眼では問題がないように見える歯も、マイクロスコープを使って拡大してみると、実は歯根が割れていたり、膿んでいたりすることがあります。このような、従来見逃されてきた症状も確実にとらえることができるようになったことで、歯の健康を守ることにもつながっています。

■ マイクロスコープ治療は繊細な作業、最新技術をもつ専門医が求められる

一方で、マイクロスコープを使った歯科治療には、繊細な手技が要求されます。実は歯科治療の成功には、材料のよしあしも当然ながら、手技のレベルがもっとも大切なのです。
歯はほかの医療分野に比べて、患部が小さく、歯茎や歯の影などの暗い影の部分も治療しなければならないため、繊細な動きが要求されます。そのため、マイクロスコープを導入する歯科医院では、専門的な最新教育を受けた歯科医師や歯科衛生士の配置が求められます。こうした事情も、日本の歯科医院でのマイクロスコープ普及率が5%以下にとどまっている理由のひとつだと考えられます。

■ 歯科治療が好きでない方、マイクロスコープで「長持ちする」治療を

歯科治療が好きでない方、マイクロスコープで「長持ちする」治療を

マイクロスコープを使った治療は現在、日本の健康保険ではカバーされないため、高価な自由診療となってしまうという欠点があります。しかし、歯の健康を保つことは、全身の健康を保つことにもつながります。マイクロスコープを使った治療は、長年にわたって治療の成果を保つことで再発性を低くします。歯の健康に関心のある方、歯科治療があまり好きではないので長持ちさせたいという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。




増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください