【6】清潔な環境での安全な治療

質の高い医療をご提供

清潔な環境での安全な治療

徹底的に消毒・滅菌にこだわっています!

使い捨て手袋
使い捨て手袋

コップ、エプロン、トレー、注射針、注射液など患者様のだ液、血液に直接触れる物はすべてディスポ(一回使い捨て)を使用しています。

金属・プラスチック器具、歯を削る機械や細かい器具に至るまですべて滅菌(完全に菌がない状態)した状態で患者様に提供します。

「前の患者様の使い回し」や「消毒綿で拭いただけ」の使い回しの器具はありません。

B型・C型肝炎だけでも罹患患者は全国で400万人(日本人27人に一人)と驚異的な数値を示している中、欧米とは異なり日本には院内感染予防のための基準がないのも現状であります。

唾液や血液中にはB・C型肝炎、エイズなどのウイルスが混入している恐れがあります。歯科では歯を削る際に唾液の混じった飛沫や、抜歯などによる血液汚染が多く、医科に比べて院内感染を起こしやすい環境です。

歯の治療は、ある意味「手術」と同じことです。身体の中に器具を入れて、治療をするので、使う道具には、几帳面すぎるくらいの取り扱いをしても「やりすぎ」ということはありません。

皆様の健康を維持するために、院内感染は絶対にあってはならない事です。歯科医師・歯科衛生士はじめスタッフ一同、
まず安全を第一に考え、これからも質の高い医療をご提供できればと考えております。

当院の滅菌システム

滅菌処理は手間がかかる上、現在の歯科医療制度では十分な滅菌処理コストは算定されていないのが現状です。
つまり滅菌処理は個々の歯科医院の倫理観とコスト負担にかかっていると言えます。

患者様は歯科医療器具を滅菌しているか否かは見ただけでは分かりません。しかし、当院では手間とコストがかかっても、より安全に、より安心して患者様に治療を受けていただくために滅菌機器を導入しております。

まずはお気軽にお問い合わせください